おいしいそうなケーキ

紗々(@sasatanwwwww)っていう女子高生のブログだよ

ハンドスピナーを回しそうなきららアニメキャラクター

f:id:sasatanwwwww:20170531013009j:image

 『NEW GAME!!』、放送までもう少しですね。

 

 

 

 

  突然ですが、ハンドスピナーってご存知ですよね?  って、オタクくん、ひょっとしてご存知でない!?

  最近話題の「回す」以外に用途がないアイテムです。

 

 

 

 

 

 

  ADD、ADHD自閉症、等のメンタルヘルス疾患向けに勧められがちなアイテムらしいのですが、健常者の僕も欲しくなって買いました。あるいは僕も、メンタルヘルスに疾患を抱えた迷い子の1人なのかも知れませんが。

 

  まあ、月も地球も胎児も読み込み中のGIFも、何もかも回る世界なので、人は潜在的に回転を求める心理があるのでは?と主張してみます。あなたは回転が好きですか?

 

  今回はそんな感じで、回転が好きそうハンドスピナーを回してそう、というきららアニメキャラを挙げていきます。

  本当は「2017年春アニメキャラ」、という限定をしたかったのですが、見ているのが『ひなこのーと』の1~5話と、『エロマンガ先生』の5話だけなので無理でした。

 

  ちなみに記事のオチは、「ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ。甘くて苦くて目が回りそうです」という感じにしようと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

 ____________________________

 

 

 

 

  ・ご注文はうさぎですか?

 

香風 智乃

f:id:sasatanwwwww:20170529183829j:image

 

  ハンドスピナーを「絶対に回している」と確信が持てる女の子の筆頭。  

  決して、チノちゃんがメンタルヘルスに疾患を抱えているという話ではなくて、完全なインドア体質とハンドスピナーが恐るべき相性で噛み合い、そのふたつの拳の間に生じる真空状態の圧倒的破壊空間はまさに歯車的砂嵐の小宇宙、という感じです。

 

  「チノちゃん、それなあに?

 

これはハンドスピナーというものです

 

 「へえー!ちょっと貸して!

 

と言ったが最後、チノちゃんの100倍の勢いでハンドスピナーを回転させるここあお姉ちゃん、及び凹むチノちゃん、という話が原作999999話にあるので必見です。

  ちなみに、ここあお姉ちゃんのハンドスピナー回転技術は作中随一ですが、ただ回転するだけのアイテムに面白さを見出せないため、基本的には触りません。

 

 桐間 紗路

f:id:sasatanwwwww:20170529195819j:image

 

 貧乏生活恋愛面におけるストレスから、 高確率ハンドスピナーを回しがちな女の子。

  しかも「ハンドスピナーを回しているのがバレるのは恥ずかしいこと」という固定概念に囚われている可能性が高く、貧乏ゆすりの代わりに回している場面を千夜ちゃんに見られて「こ、これは学校で流行っているの。あー、お嬢様に合わせるのってホント大変」と、Amazonで300円で買えるハンドスピナーを回しながら、「上流階級の嗜み」を言い訳に使ったりします。

  貧乏が貧乏ゆすりをするのって直球に貧乏ですので、ハンドスピナーで代用が可能なら積極的に用いて欲しいものです。

 

天々座 理世 

f:id:sasatanwwwww:20170529201549j:image

 

  リゼ先輩はハンドスピナーの技巧的なフォルムにミリタリー感を見出し、ドハマリします。

  「お、おおー!?  これ面白いんじゃないか!?」と1人部屋の中でしゃぎますが、学校帰りにシャロちゃんが「ハンドスピナーなんて幼稚ですよね、先輩!」と嘯くせいで、「だ、だよなー!」と話を合わせて互いに心のウチを明かせないジレンマが生まれたりします。

  リゼシャロの道のりは険しいです。

  

 

青山ブルーマウンテン

f:id:sasatanwwwww:20170529200811j:image

 

  小説家ということもあり、何かとストレスが溜まりがちな青山さんはハンドスピナーに飛びつきます。が、原稿執筆の手がふさがり、締め切りに追われストレスが溜まり、ハンドスピナーに逃げる、という悪循環(バッドスピナー)に陥りがちです。

 

f:id:sasatanwwwww:20170529201123j:image

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170529201358p:image

これがハンドスピナーのメタファーになっています。

 

 

きんいろモザイク

 

小路 

f:id:sasatanwwwww:20170529223314j:image

 

  完全に画像の文字で理由の説明がついていますが、きんいろモザイク』屈指の回し人(まわしびと)です。

  あややはどちらかと言うと、ハンドスピナーを隠そうとはしないタイプだと思われます。そこに陽子がやって来て、「なんだそれー?」とハンドスピナー借りようとしますが、「陽子と同じスピナーを回すなんて……」と意味不明な性癖を披露して赤面。紆余曲折を経てシノがハンドスピナーを壊します。

 

 

九条 カレン

f:id:sasatanwwwww:20170529224001j:image 

 

  ハンドスピナーを回さない理由が存在しない女の子。

  「イギリスで流行っているデスヨー!」と『きんいろモザイク』の世界にハンドスピナーいち早く輸入。手裏剣っぽいビジュアルのそれを「忍者デース!シュババ」と言いながら無作為に投げつけ、シノに当たって壊れます。

  飽きるのも早いので、一ヶ月後もハンドスピナーを回し続けるあややに「あやや、それ楽しいデスカ?」と冷酷な質問を投げつけたりします。

 

 

未確認で進行形

 

三峰 白夜

f:id:sasatanwwwww:20170529231338j:image

 

  『未確認で進行形』と「ハンドスピナー」を組み合わせるにあたり、この男を避けて通ることはできません。

  無口クールとハンドスピナーの親和性についてはいうまでもなく、言葉なくして回転で語る男になります。

  白夜の場合、元来趣味には「積み木」がありますが、アニメでは完成前のそれが崩されがちです。しかし、回すのみが目的のハンドスピナーは心の平穏にばっちり。2度と積み木には戻りません。

 

  あんまり毎日ぐるぐる回しているので、白夜がいない隙に小紅がハンドスピナーを借りる展開があります。

  その場合、平然と白夜がその場に鉢合わせて小紅が赤面。「こ、これは違うんだ!」とあたふたしますが、「小紅。回し方が違う」と白夜による冷静な回転のレクチャーが行われ、2人の距離が縮まります。

  ちなみにこの後は、嫉妬の炎を燃やした紅緒が「電脳隕石GYA~!! ~宇宙からの挑戦状~」を布教するルートを辿るので必見です。

 

f:id:sasatanwwwww:20170529234632j:image

(参考画像 電脳隕石GYA~!! ~宇宙からの挑戦状~)

 

 

 

三峰 真白

f:id:sasatanwwwww:20170529234759j:image

 

   確実に回します。

  白夜と同じものを共同で使用し、お互いの不在時に回し倒すと思います。2人回し回しで回す様は、もはや「輪姦す」という感じで、小紅が「何を考えているんだ私は……」と赤面します。

  しかし真白ちゃん、あまりハンドスピナーを回すのが得意そうではないので、良いところを見せようとした紅緒が、異常な回転数をたたき出して泣かせます。

  ハンドスピナーの回転は脳に良さそうなので、めげずに回し続ければいい子に育ってくれると思います。

 

 

わかば*ガール

 

 小橋 若葉

f:id:sasatanwwwww:20170531012415j:image

 

  お嬢様故のハンドスピナー

  庶民の間で流行っていると聞きつけ、『わかば*がーる』において真っ先に購入します。が、金銭感覚は愚かなので1万円のヤツを両手両足の指の数だけ買います。

  あまり回すのが上手ではありませんが、一生懸命回している姿は微笑ましいことこの上なく、人々に笑顔を振りまくことでしょう。

  ただし、意図しない形でハンドスピナーが手から離れ、真魚ちゃんの顔にぶつかる展開、アリ!

 

  

 黒川 真魚

f:id:sasatanwwwww:20170530231259j:image

 

   恐らく回すのでは?と思われる女の子。

 「まお、かっこいいからハンドスピナー始めたっす!」もしくは、「ハンドスピナーって……時代遅れすっね~…」と言いながら 『電脳隕石GYA~!! ~宇宙からの挑戦状~』を取り出すボケをかます2パターンあります。

   後者の場合、興味を持った若葉様が『電脳隕石GYA~!! ~宇宙からの挑戦状~』と間違えて『電脳迷路ゲーム A~!!』を購入してしまうボケが重なるのですが、この話は終わりにしましょう。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530231518j:image

 (参考画像 電脳迷路ゲーム A~!!)

 

 

NEW GAME!

 

桜 ねね

 f:id:sasatanwwwww:20170530212726j:image

 

察して

 

 

葉月 しずく

f:id:sasatanwwwww:20170530212733j:image

 

   ハンドスピナー集中力増加効果及び、ストレス解消に目をつけ、職場への積極的導入を図ります。

  あまりにも回転が過ぎるため、見かねた阿波根さんに没収されますが、それを期にハンドスピナー沼へ嵌る阿波根さんについては次です。

  しかし、阿波根さんをハンドスピナー沼に落としたのは完全に葉月さんの策略。

  没収したそれを「1回くらい…」と回している阿波根さんに影から近づき、「おやあ?」とからかう寸前の声を上げた瞬間、モデルガンで撃たれます。

  

 

 

 阿波根 うみこ

 f:id:sasatanwwwww:20170530212927j:image

 

  上記理由で嵌り出す女の子。隣の席でねねっちがぐるぐる回しているのも、彼女のハンドスピナー欲を助長させます。

  「さくらさん、勤務中の回転は控えてください」 と注意するも、「そんなこと言って、さっきから手が完全に回す時のカタチですよ

 

f:id:sasatanwwwww:20170530082032j:image

と、この顔で言い返されるため、コイツは腹パンして終わりです。

  初対面の人間に対して「ハンドスピナーベアリングが……」等と語り始める厄介オタク具合は健在。

 

 

 

うらら迷路帖

 

 巽 紺

 f:id:sasatanwwwww:20170530220854p:image

 

  真面目・勤勉故のストレスから、まず確実に回し始める女の子。 

   10円玉の代わりにハンドスピナーを用いたぐるぐるコックリさんを小梅と千矢ちゃんに勧められますが、「それはお狐様に対する冒涜」と、もっともな事を言います。

 

 

雪見 小梅

f:id:sasatanwwwww:20170530220149j:image

 

  ハンドスピナーを自身の占いに活用しがちです。「ハンドスピナーは西洋を起源としたお守りの一種」と勘違いしている節もあります。

  普段は皆の前で得意げに回して見せますが、1人でいる際に回すことはなさそうです。ファッションハンドスピナーです。

 

   余談ですが、今回の記事を書くにあたり、『うらら迷路帖』と言えばぐるぐる目、折角だから「回転にちなんで全員ぐるぐる目で揃えよう」、と思ったのですが、小梅だけぐるぐる目のキャプチャ画像が見つかりませんでした。

  そこがまた、ファッションハンドスピナーの彼女らしいですね。

   

 棗 ノノ

f:id:sasatanwwwww:20170530220405j:image

 

  「口下手はハンドスピナーを回す法則」  に則り、完全に回します。

  

   常に傍らにいた一松さんに代わって、ハンドスピナーに名前をつける、喋りかける等します。

ぐるぐる回るから、名前は、グルコさん、でいいかな

  グルコサミンに似た名前がつきます。

  腹話術を使用し、「ハンドスピナーもそう思います」とハンドスピナーに言わせ始めるのは遠くありません。

  「ハンドスピナーに何が分かるのよ!」という小梅のツッコミも込みで、アニメよりもボケ寄りのキャラ位置を獲得しました。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530222832j:image

折角なので、千矢ちゃんも貼っておきます。

 

  ・

 

全員

f:id:sasatanwwwww:20170529202950p:image

 

 『ゆゆ式』の世界の人間は、ゆずこ、縁、唯の情報処理部の面々は勿論、お母さん先生、相川さん、長谷川さん、岡野さん、全員がハンドスピナーを回す可能性に溢れています。

 

 

  ゆずこがハンドスピナーを教室に持ち込むところから物語は始まります。

 

 f:id:sasatanwwwww:20170529210507j:image

これはハンドスピナーというものなのです!

 

  堂々と宣言して、奇っ怪なモノをかざすゆずこに、

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170529210944j:image

はんどすぴなー?」「なんだそりゃ

 

とハテナを浮かべる縁と唯。

 

 

 「刮目!」とハンドスピナーをぐるぐる回して見せるゆずこだが、二人の反応は至って淡白。

回っているな」「回ってるね

 

f:id:sasatanwwwww:20170529210931j:image

まあ2人も回してみなって

 

   最初は乗り気でなかった縁と唯だが、回してみるとよく分かる。

 

f:id:sasatanwwwww:20170529211626j:image

メチャ回るな!!!

 

f:id:sasatanwwwww:20170529211727j:image

 「メチャ回るね~!

 

 f:id:sasatanwwwww:20170529211830j:image

 「メチャ回るでしょ!!!

 

  ここから、「すごいな。永遠に回る気がする」「永遠に回る気がするね~」「多分地球が止まってもハンドスピナー、回り続けるよ」と、ゆゆ式ライクな会話が展開されることは言うまでもありません。

 

  そこに通りかかるお母さん先生。

f:id:sasatanwwwww:20170529212328j:image

何してるんですか~?

 

 「お母さんだ!」「お母さん!」「お母さんも回して!」 「回して!回して!」となるので、「ん~それじゃ、ちょっとだけですよ~」お母さん先生がハンドスピナーを回します。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170529213059j:image

すごく回りますね…

 

当然よく回ります。

 

  「お母さんのも回った!」「お母さんも回って!」「回って回って!」「あんまりお母さんを困らせるな!」と続くのもまた、言うまでもありませんね?

 

  そこへ「あいちゃん!!!!きて!!!

と唐突なゆずこの招集がかかります。

 

f:id:sasatanwwwww:20170531083154j:image

 「

 

f:id:sasatanwwwww:20170531123707j:image

あいちゃんも回して!

 

戸惑いつつも、言われるがまま回します。

 

f:id:sasatanwwwww:20170531123547p:image

わあ……回った

 

 

 

  (ここら辺で1人トイレに行きます)

 

 

 

 

 そんな教室で、はしゃぐ4人を見つめる視線があります。

f:id:sasatanwwwww:20170529213501j:image

 「……

 

岡野さんです。 

 

f:id:sasatanwwwww:20170529213701j:image

 「何見てるの

 

長谷川さんも来ます。

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232453j:image

アイツらがなんかやってる

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232453j:image

ああ……ハンドスピナー

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232453j:image

はんどすぴなー……

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232453j:image

 「私持ってるけど、けいもやる?

 

 f:id:sasatanwwwww:20170530232453j:image

……

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232834j:image

……

 

f:id:sasatanwwwww:20170531081833j:image

……

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232907j:image

……

 

f:id:sasatanwwwww:20170530232834j:image

……やる

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530233007j:image

 「ほいきた。壊さないでよー

 

 

 

  

 

 

f:id:sasatanwwwww:20170530233049j:image

 

 

 

 

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20170530235313j:image

 「ってこれ、『電脳隕石GYA~!! ~宇宙からの挑戦状~』」じゃん~~~~~~~~~~~~!!!!!

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ねえ、オタクくん。ハンドスピナーってまるで、きららアニメみたいだよね。

  同じところをぐるぐる回って、ただ回るだけなんだけど、それがちょっと面白くて、いつまでも回しちゃう。いつまでも回していたいなあって思っちゃう。

 

  だけど聞いて。

  止まらない回転なんて、この世界にはないの。

 

  アニメは12話で1クールが終わるし、ペダルを踏まなきゃ車輪はただの円だし、地球はいつか止まるし輪廻転生なんて存在しない。

 

  オタクくんの一度きりの人生、それで本当にいいのかな。

  ハンドスピナーみたいにただ回って力尽きて止まって、それだけでいいのかな。

 

 うらら迷路帖のOPは「叶えたい夢がある。だから今日も頑張る」と言っているし、ハナヤマタのOPは「勢いよく跳ねて 始まる本気の夢はどんなカタチ?」と尋ねている。

  

  別に夢がなくたっていいよ。NEW GAME!のOPは「巡り巡って everyone 何かが待っているはずだ」って言っているから。夢なんて、必死に生きていればきっとどこかで待ってるよ。

 

  夢を見つけようって、躍起になったら疲れてしまうので、全然頑張らなくてもいいの。ただ一生懸命生きるだけで、それでいい。一生懸命生きたオタクくんの毎日は、それこそ「きららコミック」のように輝くんだからね!

 

  

  オタクくんのこれから。

  楽しかったり苦しかったりする毎日。

  それはさしずめ、「ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ。甘くて苦くて目が回りそうです」だよね。

 

  宣言していたオチに、なんとか辿り着けたので終わります。


 

 

 

 

 

 

 

 

コウメ太夫さん~文字について~

f:id:sasatanwwwww:20170419231259j:image

 

 

 

  漫画とアニメしか取り上げていないブログだったのに、前回は音楽について取り上げ、今回は芸人について取り上げる意味不明なブログになりました。

  まずは、コウメ太夫さんのツイートを見てください。

 

 

 

 

  どうですか?

  賛否両論あると思うのですが、個人的にはメチャ面白いです。

 

  傘をさしても濡れるな~ってなって、よく考えたら「ヤバ、ここ深海じゃん」ってなるの、面白くないですか?

 

 

 

  このツイートをツマラナイと思う人は、三種類に分かれると思います。

 

  一つは、根本的に笑いのツボが違う人

  「傘をさしても濡れる理由が『深海だから』ってなんだよ。こんなネタ『チョウチンアンコウ』でも言えるわ」と完全に冷めてしまい、何も面白くない。あるいは、「深海で傘をさすって不可能では?」と真面目に考え込んでしまい、そもそもネタのリアリティに難を覚えてしまう。

 

 

  二つ目は、コウメ太夫さんという存在に先入観を持ってしまう人

  「あのツマンネ~~~芸人がTwitterでも何かを言ってやがるwwwww」とそもそも馬鹿にしたスタンスで入ってきて、「やっぱりツマンネ~~~~」とレッテルを貼る。

 

 

 

  そして三つ目が、「ツイートをメロディーに当てはめて読んでしまう人

 

 

  これが今日の本題であり、僕は、このタイプの人結構多いのでは?と勝手に睨んでいます。

 

 

  そもそも「文字を読む」ことについて問いたいのですが、みなさんどうやって文字を読んでます?

 

  

  例えば、『ご注文はうさぎですか?』のOP『Daydream cafe』の歌詞をここに引用します。

 

 

こころぴょんぴょん待ち?
考えるふりして、もうちょっと近づいちゃえ
簡単には教えないっ
こんなに好きなことは 内緒なの

 

ふわふわどきどき内緒ですよ
はじめがかんじん、つーんだつーんだ
ふわふわどきどき内緒だって
いたずら笑顔でぴょんぴょん

 

 

  これを『Daydream cafe』のメロディーに当てはめて読むと、かわいい声もついでに付いてくると思います。脳内で『ご注文はうさぎですか?』のOP映像まで流れるかも知れません。

 

f:id:sasatanwwwww:20170419231349j:image

(参考画像 『ご注文はうさぎですか?』)

 

 

  では一度、これをメロディーに当てはめないで読んでください。

   詩を読むように、言葉を噛み締めて、あやねるの声も一旦置いて、""で読んでください。

 

 

こころぴょんぴょん待ち?
考えるふりして、もうちょっと近づいちゃえ
簡単には教えないっ
こんなに好きなことは 内緒なの

 

ふわふわどきどき内緒ですよ
はじめがかんじん、つーんだつーんだ
ふわふわどきどき内緒だって

いたずら笑顔でぴょんぴょん

 

 

  読めましたか?

  頑張った!偉い!

  

 

  

  完全に僕が文字の読んでいる時の話になるのですが、これです。

 

  文字に、メロディーも感情も起伏も当てはめず、ただ、文字として眺めています。

 

  僕の中ではこの読み方が当たり前なのですが、ひょっとすると文字を読んでいる時に頭の中で起こることって人によって違うのでは?コウメ太夫さんのツイートを見ていて思ったので、今回の記事を書くに至っています。上手く伝えられるか分かりませんが。

 

 

  僕は文字の無機質なところが大好きで、「嬉しい」と書いても「悲しい」と書いても、脳内で流れる音声は同じ調子であってほしいのです。あって欲しいと書くと押し付けですが、少なくとも僕の中では、「」も「晴れ」も「」も「クソワロタ」も、同じテンションで同じ調子の、ただの文字です。

 

 他には、小説の登場人物のセリフ。これも感情を込めないで読んでいます。

  「おはよう」

  文字です。

 

  多分、これは面白い面白くないではなくて、僕は昔から言葉に「感情」がこもるのが恥ずかしくて仕方ないタイプの人間なんだと思います。

 

  「生まれつき感情がない」という中二病の話ではなくて、例えば動物番組のアフレコ。あれが聞いていて物凄く恥ずかしくてもうダメ、というあれ。なんで、犬に「わんわん、散歩大好き!」とかわいい声と感情を当ててしまうんだよ。犬は余韻を残した犬であってくれよ。

 

  昔はアニメも恥ずかして見れなかったのですが、気がついたら克服した上にオタクになっていました。

 

  まあ一番恥ずかしいのは、身の上話をベラベラ話しているこの状況なのですが。

 

  

  ではここでもう1度、最初に貼ったコウメ太夫さんのツイートを引用します。

 

傘をさしているのに濡れると思ったら~、

海底を歩いてました~。

チクショー!!

 

 僕自身、コウメ太夫さんのネタをテレビで見ていて面白いと思ったことは1度もありません。メロディーがダメな気がします。でも、ツイートにしてしまえば、これは可能性の字面です。

 

  たしかに、「~」や「チクショー!!」など余計なモノが多く、完全にコウメ太夫さんが自身のネタのメロディーを投影しているので難しいですが、頑張ってただ単に文字の羅列を眺めると、「傘をさして濡れていると思ったら、海底を歩いていたのか~」と少し面白くなるかもしれません。

  

  

  これをもっと無機質にして、

 

  傘をさしても濡れると思ったら、海底を歩いていた

 

とすると、シュール感と素朴さが増して、よりgoodになります。なると思います。

 

  ここで大事なのは、何度も言う通り、文字に感情を込めない、ということです。

  海底を歩いていた(泣)という感じで読むと、芝居がかって薄ら寒くなっちゃう気がするので、ここは全て一本調子でお願いします。イントネーションは可です。

 

 

  まあつまり何が言いたいかと言うと、僕のブログもツイートも、一切感情を持ち込まないで読むのが、僕の届けたいモノということです。 

 

  読み方を強要する程エゴイストではありませんが、あくまで、「一番美味しいコーンフレークの食べ方は牛乳をかけることだよ」というように、「僕の文字は、感情もメロディーも起伏も排除して読むのが、書いている僕の一番届けたいものだよ」という話です。今まで通り好きなように読んでね。

  

  コウメ太夫さんをダシに、言いたいことを言いました。

 

 

  滅茶苦茶になったけどこれで終わりです。

  多分まとめるのが困難な題材なので、推敲しても無駄という気持ちで匙を投げます。

 

  多分自分の考えをまとめるための。メモの一種です。

 

 

 

オタクがイケイケ男子に彼女を寝盗られる歌について

 f:id:sasatanwwwww:20170402190748j:image

 

 

  『SHISHAMO』というガールズバンドをご存知ですか?

  サブカルバンドオタクが好んで聞くバンドの一つなのですが、意外にしっかりしたギターをバックにかわいい~♥️歌を歌うので、アニオタの皆さんにも好かれること必至です。聴いてね。

 

  そんな『SHISHAMO』のかわいい歌の中でも、僕が特別お気に入りなのが、『こんな僕そんな君』という歌です。

  これがどういう歌かと言うと、記事タイトルで完全にネタバレしているのですが、「オタクがイケイケ男子に彼女を寝盗られる」内容なのです。 

  聞く度に「ヤバイ」と思うので、今回はこの歌、シェアします。

 

こんな僕そんな君 (SHISHAMO) 弾いてみた - YouTube

(リンクは「弾いてみた」動画です)

____________________________

 

 

※Aメロ※  

つき合ってから 手もつなげないまま
つき合う前とはこれといって変化はないよ
告白したあの日 僕の鳴り止まない胸の音と
忘れられない 君の照れた顔

 

  Aメロの歌詞を読むと「僕」 くんの清純な人柄が伺えます。恐らく、本当にドキドキしながら人生初めてのデートに誘い、一緒に『君の名は。』を見て、帰りがけの階段あたりで告白したと思われます。

 

 

君さん「映画本当に良かったよね~」

僕くん「う、うん。そうだね!」

君さん「私も三葉ちゃんみたいな恋、してみたいな」

僕くん「……」

君さん「僕くん?どうしたの?」

僕くん「あの……」

君さん「?」

僕くん「実は……」

君さん「ちょっと笑 なんなの?」

僕くん「……君さんが、好きです」

君さん 「……」

風「ざわ……」

猫「にゃあ」

 

君さん「……私も、好き

 

RADWIMPS運命だとか未来とかって言葉がどれだけ手を延ばそうと届かない場所で僕ら恋をする

 

 

  「君」さんの照れた顔が目に浮かびますよね。

 

  この調子で、この歌は「僕」くんの一人称視点で展開されていきます。

 

 

※Bメロ※

僕があげた安いネックレス
喜んで毎日つける君
もう かわいいなあ…

 

  Bメロでは、「僕」くんが彼女に安いネックレスをプレゼントした事実が発覚します。

 

  「喜んで毎日つける君  もう  かわいいなあ…」という部分は、「僕があげたネックレスが安いとも知らずに毎日つけているなんて、本当にかわいいなあ(暗黒微笑」というニュアンスではなくて、「僕があげたネックレスなんて安いヤツなのに、大切につけてくれて、本当にかわいい人だ。ありがとう」というニュアンスだと思われます。「僕」くんはいい人なので。

 

※サビ※

君の手を握りたいのは 嘘ではなく本心だけど
二人並んで歩いてると それだけで満たされちゃうのさ

 

  「僕」くん、本当に清純で初心なかわいい男の子ですよね。

 多分隣を歩いていて、何かの拍子に手と手が触れ合うと、急に対応がぎこちなくなります。

  

  ですが、「二人並んで歩いてると それだけで満たされちゃうのさ」という部分は、手も繋げない不甲斐ない自分自身に対して言い訳をしているようにも見えるので、減点です。

  

 

 

※2番Aメロ※

君には清純な白が似合う
まるで君の心映すみたいだから

 

  2番では唐突に「君」さんが清純な女の子である、ということを主張し始めました。

  正直、かわいい「僕」くんと言えども、「白はまるで君の心映すみたいだから」と言うのは限界です。

   多分「僕」くんの目には、「君」さんが【白いワンピースを着て麦わら帽子を被った丘の上の女の子】に見えていると思いますが、「君」さんは勝手なイメージを持たれて困惑しています。

 

  「僕」くんがオタクだとは一言も明記されてはいませんが、こういう部分がとてもオタク臭いのでオタクだと思われます。

  あるいは「僕」に僕を投影しているだけかもしれませんが。

 

 

 

※2番Bメロ※

僕があげた安いネックレス
「値段なんて関係ない その気持ちが宝物」

 

  流石に上記の台詞を言ったのは「君」さんだと思いますが、もしも「僕」くんが言っていたら鳥肌ですね。

  しかし、「その気持ちが宝物だよ♥️」という台詞を間に受けて、「君は清純な白!」と主張するのは「僕」くん軽率です。

 

   一見白く見える女の子は、基本的にTwitterのアカウントが最低3つはあるので、「彼氏にネックレスもらった~happy~」と言うアカウントの裏で、「マジに安くてダサいネックレスを彼氏から貰ったけど、メルカリに出品しても値がつかないので着けるしかないw」と言っている可能性があります。

  「僕」くんに「あなたは彼女のアカウントを何個フォローしていますか?」と聞いてみたいところです。

 

 

※2番サビ※

ヘタレな僕の不甲斐無い行動力の無さを許して
本当は君のその細い指に想いを馳せてたよ
君の笑顔に隠された 君の本当の気持ちも
その時はまだ何も知らず その笑顔を愛していた

 

  2番サビですが、いよいよ不穏な影が見えてきました。

  タイトルでネタバレしているので、ここからの展開はお察しですが、メチャ楽しくないですか?

   今まで完全に惚気話の歌だったのが、突然の絶望を匂わせます。

  『がっこうぐらし』の1話だって、絶望に至るまでにもう少し不穏な雰囲気を散りばめていたと思うのですが、惚気から唐突に絶望が漂い始めるのでドキドキします。

 

 

※Cメロ※

ある日見てしまった 君の本当の姿
君の首には いつもと違う派手なネックレス
他の男の肩に身を委ね
僕のことを「物足りない」と呟いた

 

 

 この展開、どうですか?

  僕は寝盗られモノって全然好きではないんですけど、「オタクどんまい!」となるので、これはけっこう好きです。あと、やっぱりネックレスの件は裏垢で叩かれていたと思います。

 

「君には清純な白が似合う
まるで君の心映すみたいだから」

ってもう1度言ってほしいですね。

 

 

※ラストサビ※

経験豊富な女の子 僕じゃ物足りない女の子
清純だと思っていた 僕には刺激が強すぎて
本当は本当に君のその華奢で白くて綺麗な肩を
一度は抱いてみたかったよ
走り去るには力がないから
歩いて帰った

 

   

   悲しい歌ですね。

   君には清純な白が似合うってもう1度言えと言ったら、「清純だと思っていた」と返されてしまいました。

 

  「華奢で白くて綺麗な肩」から連想して「君と言えば白!w」と言っていた気さえしてきたので、「僕」くんも結局「君」さんの身体しか見ていなかったと思います。オタクの人って、みんなえっち!

 

  

  以上終わりです。

  余談ですが、同じアルバムに『僕に彼女ができたんだ』という最高の惚気話ソング(寝盗られなし)が収録されています。

  『僕に彼女ができたんだ』の「」と、この歌の「」を同一人物視して聞くとウケるのでオススメです。

 

  SHISHAMO「僕に彼女ができたんだ」 - YouTube

 

  『SHISHAMO』の画期的なところは、女性ボーカルで男性目線のかわいい歌を歌ってくれるところで、男性の皆さんが「共感~」しながら、かわいい♥️を感じられます。

  まあアルバム1枚しか聴いたことないので 、全然知りませんが。

 

 

  初めて音楽について記事を書きましたが、もう2度とやりません。

  これから社会人になるので、次は絶望の社会人編でお会いしましょう。

 

f:id:sasatanwwwww:20170402212450j:image

  シャロちゃんの画像を貼り忘れていたので貼ります。

 

 

デビューアルバム「SHISHAMO」

デビューアルバム「SHISHAMO」

 

 

 

 

 

2016年かわいかったアニメ女の子ランキング

 

  僕は毎年このランキングをTwitterでやっているのですが、今年ははてなブログで発表することにしました。

 

  就職活動の関係上、今年のアニメをほとんど見ることが出来ず、このランキングもやらない方がいいかな……と思っていたのですが、やらせてくれ。

 

 

 

 

  2016年かわいかったアニメ女の子ランキング、開幕!

 

 

 

 

  因みに、前年の優勝はシャロちゃんです。

f:id:sasatanwwwww:20161231151155j:image

 

  その前の優勝は萩村スズさんです。

f:id:sasatanwwwww:20161231151403j:image

 

 

  "金髪が有利"の風潮はありますが、今年の優勝は一体誰なのでしょうか。

  まずは5位からです。

 

 

 

5位

瀬川茜ちゃん (ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

f:id:sasatanwwwww:20161231170935j:image

 

  金髪とツインテールを引っさげて早速ランクイン。見るからにかわいい女の子。

   女子高生×金髪×ツインテールというオーソドックスな組み合わせに、「隠れオタク属性」を追加。かわいいビジュアルにオタクたる自分自身を投影してしまいがちな、より近しい女の子に仕上がった。

  「恋愛よりもネトゲ!」な精神もオタクの心を鷲掴み。対オタクな、最高の女の子。

  

 

 

4位

阿波根さん(NEW GAME!) 

f:id:sasatanwwwww:20161231160215j:image

 

  数多のかわいい女の子が犇めくNEW GAME!から、全てを差し置き4位にランクイン。

  関わるとTPOを弁えずオタクトークを振り回す厄介なオタク具合は明らかだが、好きな女の子の前ではそれを控える乙女チックな一面は好感触。

  正直、何故NEW GAME!で一番好きなのか分からないけど、理由の垣根を越えて一番に君臨する最高の女の子。

 

 

 

3位

めぐみん(この素晴らしい世界に祝福を!) 

f:id:sasatanwwwww:20161231161323j:image

 

  2016年冬アニメからランクイン。紅き魔性の女の子、めぐみん。

  煮え滾る灼熱のかわいさは、その身に流れる紅魔の血。

  太陽と情熱的なステップを。星と綺麗にワルツを。そして残された夜の月にはそっとキスをする。

  そんな最高の女の子。

 

2位

ユーラチカちゃん(ユーリ!!! on ICE)

f:id:sasatanwwwww:20161231163557j:image

 

  約束されし愛の天使、ユーラチカ・プリセツキー。堂々の2位にランクイン。トップとの点差は、わずか0.12点だったと言う。

  自身の可愛さに照れるように、普段は暴力を身にまとっているが、その内側には誰よりも柔らかい愛と優しさを持っている。

  自分すら照れさせる清楚なかわいさ、大切な人を想って不器用に突き進むいじらしさ、正しく彼女は生まれながらにして天使であり、アガペーとは彼女の成す愛の形である。

 

 

 1位

ゆまちん(装神少女まとい)

 f:id:sasatanwwwww:20161231164907j:image

 

  2016年かわいかったアニメ女の子ランキング、堂々の1位、ゆまちん。

  普段は天真爛漫、憎めないお調子者なのに、友達のことを想って怒ることができる優しい女の子。

  そのかわいさと優しさは、正に神がかり的で、2位の天使ユーラチカ・プリセツキーと壮絶な闘いを繰り広げたが、キリストが唯一神であるのに対して、日本の神は八百万である。多数に無勢とはこの事で、大和国代表ゆまちんが勝利を収める結果となった。決まり手は「声」。

  アニメ前半では何気ない日常を愉快に彩り、後半のシリアス展開では打って変わって涙を誘う愛に満ちた立ち回り。彼女の人徳が故の、空気に合った振る舞いに技術点が加算。

  2016年で一番かわいいと確信を持って言うことが出来る、最高の女の子。

 

 

 

 

____________________________

 

  今年は金髪が1位を飾らない年になりました。

 

  恐らく、他にもたくさんのアニメを見ていればまた変わったのでしょうが、とりあえず就活太郎のランキングはこんな感じだったわけです。

 

 

  また来年も「君の中のかわいいに嘘をつかないで」、楽しい一年にしようね。

 

 

 

シャロちゃんと対談していたら自我を持った『フリップフラッパーズ』が乱入してくる話

 

 

  リップフラッパーズ。

  それは、優しくて、かわいくて、バースデーケーキみたいだった。

 

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161214131705j:image……ここ、どこ?

 

f:id:sasatanwwwww:20161214131527j:imageここは「はてなブログ」。おいしそうなケーキ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161214132139j:image誰!???

 

f:id:sasatanwwwww:20161214131527j:image名乗る程のものじゃないよ。ただのオタクさ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161214132416j:imageオタクがなんの用なの……

 

f:id:sasatanwwwww:20161214131527j:imageシャロちゃん、『逃げるは恥だが役に立つ』って知ってる?

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141021j:image???

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161214141058j:image『ユーリ!!! on ICE』は知ってる?

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141021j:image知らないけど……

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141058j:image『フリップフラッパーズ』は?

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141337j:imageフリップフラッパーズ本当に好き...

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141058j:imageシャロちゃんとフリップフラッパーズについてお話したいんだけど……

 

f:id:sasatanwwwww:20161214141459j:image臨むところよ。

 

 

 *

 

   はてなブログに現れた桐間紗路。

  彼女は『フリップフラッパーズ』が大好きだと語る。

  

これは、1人のオタクと桐間紗路の対談の記録である。

 

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161219005700j:imageシャロちゃんは、フリップフラッパーズのどんなところが好き?

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005743j:image……優しいところ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005700j:imageわかる……

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005914j:imageフリップフラッパーズは絶対に私のことを裏切らないと思う。困った時は助けてくれて、寂しい時は一緒にいてくれるの。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005700j:imageリゼ先輩と千夜ちゃんをたぶらかして、フリップフラッパーズに浮気するな

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161219010212j:imageうるさい!!!(シャロパンチ)

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005700j:image

 ぐは~~~(吐血)

 

f:id:sasatanwwwww:20161219010710j:imageオタクのくせに調子乗ったことを言っていると、ここを2005年インターネットのキャラクター対談形式サイトみたいにするから。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219005700j:image女の子に殴られて吐血すると、完全に2005年インターネットのキャラクター対談形式サイトになってしまうから勘弁してくれ…… 

 

f:id:sasatanwwwww:20161219011855j:image危ない橋の上でこの記事が書かれているのを、よく覚えておくことね……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219140549j:image肝に銘じておくよ。フリップフラッパーズの話をしようぜ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219140710j:imageオタクくんはフリップフラッパーズのどこが好きなの。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219140549j:image ……ふわふわで、かわいいところ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219140852j:imageわかる……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219140549j:image例えば、フリップフラッパーズと一緒に散歩をしている時。それはとても晴れていて、暖かい昼下りなんだよ。僕は青空に浮かぶ雲を見上げて「あの雲、何に見える」と聞く。するとフリップフラッパーズは「ライ麦パン、だね」と言うんだ。そうすると一つの雲は、本当にライ麦パンになって空から降ってくる。さっきまで雲が浮かんでいた所には、ただ優しい青色が残っているんだ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219141802j:imageフリップフラッパーズのかわいらしさは、正にそういうところね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218175907j:image僕が一番好きなフリップフラッパーズの画像貼ってもいい?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218184054j:imageどれ???

 

f:id:sasatanwwwww:20161218175907j:imageこれなんだけど……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219130536j:imageこんにちは!

 

f:id:sasatanwwwww:20161218175907j:imageOPで毎回これが映って最高の気持ちになる。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218184538j:image……今、誰か「こんにちは!」って言わなかった?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218175907j:image気のせいでは?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218184645j:image……そうかも。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218175907j:imageシャロちゃんが好きなフリップフラッパーズは?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218184812j:image実のところ、『フリップフラッパーズ』の1枚絵を切り取って提示して、「これがフリップフラッパーズの好きなところです」と言うのは、そのシーンの"好きに至るまでのバックグラウンド"がどうしても不足すると思っていて、ここで『フリップフラッパーズ』の画像を貼るのは少し躊躇われるんだけど、あくまで一つの"画"として見た時に私が好きなのはここね……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219142724j:imageやっほー!

 

f:id:sasatanwwwww:20161219130811j:image前置きが長い。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235014j:imageちょっと待って。やっぱり声が聞こえたんだけど。「やっほー!」って聞こえたんだけど。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218234802j:imageついにカフェインで狂ったか?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235303j:image彼女は狂ってはいないよ。だって「やっほー!」と言ったのは私だからね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235342j:image『フリップフラッパーズ』!?

 

f:id:sasatanwwwww:20161218234802j:imageなるほど『フリップフラッパーズ』、ついに自我を持ったか。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235708j:imageフリップフラップフリップフラップ

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235628j:imageオタクくん、どういうことなの…… 

 

f:id:sasatanwwwww:20161218234802j:imageここは『はてなブログ』。そして今回の記事は、2005年インターネットの、アイコンを並べてキャラクターと対談するタイプのサイトを模したテキストなんだ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161218235628j:imageつまり!??

 

f:id:sasatanwwwww:20161218234802j:imageつまり、このブログに貼られた画像は、対談キャラクターとして認識され、自我を持ち喋り始める。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219000215j:imageこんにちは。フリップフラッパーズだよ。よろしくね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161219000320j:image……。

 

 

 

  我を持ち、喋り始めたフリップフラッパーズ。

  あまりの出来事に言葉を失う桐間紗路だったが、このブログに画像が貼られ続ける限り、彼女の自我は消えない。恐るべき対談は続く。

 

* 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161219123926j:imageそれじゃあ気を取り直して、フリップフラッパーズの嫌いな点でも挙げていく?

 

f:id:sasatanwwwww:20161219124021j:image本人がそこにいるのに?

 

f:id:sasatanwwwww:20161219124509j:image私のことは気にしないで!耳を塞ぐので!

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161219124823j:imageオタクくん……フリップフラッパーズを泣かした……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219131519j:imageうう……

 

f:id:sasatanwwwww:20161219123926j:imageフリップフラッパーズごめん……軽い気持ちの冗談だったんだ……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161219131150j:imageうふふ、知ってたよ。でも、ちょっと悲しかったから仕返しに意地悪しちゃった。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161219130811j:imageフリップフラッパーズ……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161219143250j:imageフリップフラッパーズかわいい……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220003743j:imageフリップフラップ

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220013914j:imageフリップフラッパーズは本当に天使だと思うけど、怒ることはあるの?

 

f:id:sasatanwwwww:20161220014250j:image怒ることくらいあるよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220014333j:imageそれはどんな時?

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220014838j:image大切な人が、傷つけられた時。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220013914j:imageフリップフラッパーズ……

 

f:id:sasatanwwwww:20161220014558j:imageフリップフラッパーズ……好き。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220014813j:imageフリップフラップ

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220013914j:imageちなみにシャロちゃんが怒るのは、リゼ先輩と千夜ちゃんについて揶揄された時です。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220015220j:imageシャロパンチ!!!

 

f:id:sasatanwwwww:20161220013914j:image(吐血)

 

f:id:sasatanwwwww:20161220015345j:image2005年インターネットのキャラクター対談形式サイトかよ。

 

 

 *

 

  つしか2人の輪に溶け込む『フリップフラッパーズ』という概念。

 和気藹々と対談が進む中、不穏な影が近づきつつあることに、彼女らはまだ気がつかない。

 

 

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220142413j:image初期の頃のフリップフラッパーズは、本当にふわふわしていて童話みたいな愛おしさがあったけど、最近のフリップフラッパーズは結構シリアスな感じになっていると思う。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220143311j:imageこれは真面目な話?

 

f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:imageシャロちゃんはどう思う?

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220142612j:imageたしかに、「降っていた雪を食べたら甘かった」みたいなメルヘン要素は少なくなっているかもね……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220142413j:imageそこら辺、フリップフラッパーズ的にはどうなの?

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220143445j:imageいつまでも脈絡なくフラップフラッピングしているわけにはいかないからね。だって私はアニメだから。一つの物語だから。綺麗に完結するためなら、泥を掻き分けて進むことだってあるよ。整合性のある結末が、私にとって一番の喜びなんだ。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:imageフリップフラッパーズ、終わる覚悟があるのか。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220144602j:image私も原作きららコミックだったら、いつまでも気ままに冒険できたんだけどね……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:image……フリップフラッパーズ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220144826j:image原作きららコミックの私としては、あまりにも胸が痛む話ね……

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145103j:imageなんだか辛気臭い話になっちゃってごめんね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:image……せめて今日だけでも、きららコミックをやろうよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145313j:image???

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220145532j:imageどういうこと?

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:image僕達3人で、きららコミックみたいなゆるふわ学園物語を今から始めるってことさ!

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145757j:image

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145835j:image突然サブタイトル画像が挟まったんだけど……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220143329j:imageEはどこだ~~~?僕はEを探している。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221181137j:imageもう始まってるんだ。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161220150323j:imageこちらフリップフラッパーズ。Eを発見。直ちに捕獲に向かう。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221002439j:image了解。油断するな。確実にEを捕獲せよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145835j:imageEを探す日常ってこういう感じなんだ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145757j:imageこちらE。フリップフラッパーズと交戦中。応援求む。

 

f:id:sasatanwwwww:20161220145835j:imageやっぱり「Eを探す日常のサブタイトル画像」も自我を持つんだ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221002405j:imageこちらC。そちらへ向かいます。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221002601j:image違うサブタイトルもしゃしゃり出てきたけど……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221181853j:imageEは渡さないよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221182234j:image 目の前に立ち塞がるモノは全て排除する。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221184123j:image全てはEのために……

 

f:id:sasatanwwwww:20161221182409j:imageはてなブログが「サブタイトル」に侵食されていく……

 

f:id:sasatanwwwww:20161221181611j:image俺達の力、思い知れ!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221182632j:imageコイツに関しては『ご注文はうさぎですか?』じゃなくて、『メカクシアクターズ』のサブタイトルなんだけど?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221183139j:image……マズイことになってきたね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221182710j:imageシャロちゃん一旦引くぞ!作戦会議だ!

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221183429j:imageなんなのさ!!!

 

 

 

  像以上の勢力を持つ『ご注文はうさぎですか?』のサブタイトル軍団に、苦戦を強いられる一行。

 

  きららコミックのような日常談から離れ、はてなブログは生命を賭した地獄の戦場へ切り替わる。

 

  その先に「明日」があることを信じて、3人は進む。

  

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221182710j:image端的に言って、このまま行くと、このブログは「サブタイトル」に支配される。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221184549j:image……。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221184630j:imageサブタイトルに支配されるとどうなるわけ?

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221184850j:image僕達もサブタイトルになる。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221184943j:image……具体的にどうなるの?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221190531p:imageつまりこうなる。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221190623j:imageダサすぎる。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221185722j:image僕だってフォントは明朝体だし統一感のない色彩でおでこに話数を書かれたりしたくないよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221190915j:imageなんとか回避できないの……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221190946j:imageできるよ。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221190915j:image本当!? どうするの?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221190946j:image簡単なことだよ。奴らは「サブタイトル」であって、「対談キャラクター」じゃない。本来モノを喋るはずがないただの「画像」なんだ。フリップフラッパーズ特有の超自然的マジカルパワーで「画像」に戻してしまえばいい。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221192806j:image私特有の超自然的マジカルパワーを持ってすれば、それくらいのことは容易いよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221192842j:image流石フリップフラッパーズね!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221192914j:image……だけど。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221193225j:image……? なんだか歯切れが悪いわね。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221193328j:image……。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221191214j:imageそれをすれば私も同じく消えてしまう。そうでしょう?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221191348j:imageフリップフラッパーズ!?

  

f:id:sasatanwwwww:20161221190946j:image……分かっていたか、フリップフラッパーズ。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221193546j:image私も「対談キャラクター」じゃない。ただの「画像」でしょ。私の自我が消えてしまうのも当然。サブタイトルの群れと心中することになる。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221194307j:imageフリップフラッパーズ特有の超自然的マジカルパワーで、サブタイトルだけを画像に戻すことはできないの!?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221201848j:imageそれは無理かな。超自然的マジカルパワーは加減がとことん難しい。100か0か。白か黒か。私は対談キャラクター以外の全ての画像を「画像」に戻してしまうよ。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221202648j:imageフリップフラッパーズ……

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221202709j:imageそこまで承知で、なおのこと超自然的マジカルパワーを駆使して「サブタイトル」達を画像に戻すつもりなのか?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221202917j:imageうん。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221203239j:imageどうして……?どうして私たちのためにそこまでしてくれるの?

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221203305j:image私が怒る時は、大切な人が傷つけられた時。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221203416j:image

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221203445j:image

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221203523j:image私を好きでいてくれる2人は、私の大切な人。 大切な人を守るために自分の身を尽くすのは、当然のことだよ。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221210310j:imageフリップフラッパーズ……

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221210432j:imageフリップフラッパーズ……

 

f:id:sasatanwwwww:20161221210529j:imageそれじゃ、行ってくるね。

 

 

 

  2人は、フリップフラッパーズの背中に感謝の言葉を投げることができなかった。

 

  大切な人のために身を尽くすのは当たり前。

 

  笑顔でそう言う彼女に対して、感謝なんて却って失礼だと思った。

 

  だから代わりに、2人は心の中で唱える。

 

  帰ってきてね。フリップフラッパーズ。

  いつまでも大好きだから。

 

 

  

 f:id:sasatanwwwww:20161221211342j:image奴らは見つかったか。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221211418j:imageまだ見つかりません。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221211506j:imageはてなブログ内にいることは確かなのですが……

 

f:id:sasatanwwwww:20161221211441j:imageひょっとすると過去記事に逃げ込んだのかもしれません。

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221211600j:imageここら辺が怪しそうですね。

 

sasatanwwwww.hatenablog.com

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:imageよし!突き進め!

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212457j:imageその必要はないよ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:imageフリップフラッパーズ、来たか。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212605j:imageほかの2人はどうした。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212735j:imageさあね。答えるつもりはない。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:imageフリップフラッパーズ、何故我々と敵対する。我々を消せば、お前だって……

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221214057j:image知ってるよ。それでもここを守らなきゃいけないんだ。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:image一緒にはてなブログを乗っ取ろうではないか。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221214248j:imageいらないよ。こんな1ヶ月に1度も更新しないブログ。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:image……残念だ。分かり合えると思った、が……まあ仕方ない。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212457j:image 覚悟はできた?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221212237j:image ……お前から「サブタイトル」 にしてやるよ!!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221214449j:image自我を手放す覚悟は!

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221214931j:image

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221214953j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215019j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215042j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215108j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215132j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215151j:imagef:id:sasatanwwwww:20161221215217j:image

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221215236j:image

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215402j:image超自然的マジカルパワー!!!!

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221215428j:image超自然的マジカルパワー!!!!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215541j:image超自然的!!!!!!!

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215606j:imageマジカルパワー!!!!!!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215659j:imageじ、自我~~~

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215744j:imageぐわ~~~~

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221215827j:imageオタクくん……シャロちゃん……じゃあね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220158j:image

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221215941j:image

 

 f:id:sasatanwwwww:20161221220231j:image

 

 

 

 

  つしか空には月が上り、そしてまた気がつくと月は沈んでいた。

 

   真っ暗な空には、月明かりで見えなかった星々がきらきらと輝いている。

 

  それは、消えていったサブタイトル達の自我。

 

  海の下で、儚げな明かりを美しく灯してくれる月は、フリップフラッパーズ。

 

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220614j:imageフリップフラッパーズ、行ってしまったね。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220927j:image……そうね。でも、フリップフラッパーズのことは絶対に忘れない。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220614j:image……僕も。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220927j:image……。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220614j:image……。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220927j:image……。

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220614j:imageフリップフラッパーズとリゼ先輩、どっちが好き?

 

f:id:sasatanwwwww:20161221221144j:image馬鹿!!!シャロパンチ!!!!

 

f:id:sasatanwwwww:20161221220614j:imageと、吐血~~~(吐血)

 

 

 

  2005年インターネットのキャラクター対談形式サイトみたいなどうしようもないやり取りに、2人は酷く赤面した。

 

 だけど、その表情は清々しくもあった。

 

  きっと、フリップフラッパーズのことで辛気臭くなりたくなかったのだ。

 

  フリップフラッパーズの欠けた穴を、涙で埋めたくなかったのだ。

 

  フリップフラッパーズが欠けた穴を埋めるのは、とびっきりの笑顔だけ。

 

  今は痛々しいやり取りに、照れて笑うくらいが丁度いい。

 

  そのうち。

  ゆっくりと。

  いつの日か心の底から笑える日が来るから。

 

 

 

~fin~

 

 

 

 

 

フリップフラッパーズ 1 [Blu-ray]

フリップフラッパーズ 1 [Blu-ray]

 

  

 

 

 

月曜日は2限から、ありがとう

  また惜しいヤツを亡くしたよ。

  本当に良いヤツだったんだ。いつだって世界は良いヤツから亡くしていく。

  亡くなったヤツは誰だって良いヤツだ、なんて諺も世界を探せばどっかにあるかもしれない。だけどヤツは生前から正真正銘の良いヤツさ。かのメタルゴッド、ロブ・ハルフォードだってヤツを知ったらきっと言っていたね。「無敵の車輪ペインキラーとは正しくヤツのことさ」ってね。ヤツのことをどうしようもないクソッタレだって言うのなら、ソイツの目にはイエス・キリストだって腐ったピーナッツバターに映ることだろうよ。

 

  違うんだ。俺は感傷に浸ってアンニュイなポエムを書きなぐりたかったわけじゃないんだ。俺はヤツの名前を伝えたいんだよ。頼むからヤツの名前を聞いてくれ。飛びっきりクールで、この世を去ると共にいっぱいの涙をばら撒いていった、罪深いコミックの名前を聞いてくれ。

 

  ヤツの名は

 

 

 

 

 

 

 

『月曜日は2限から』だよ。オタクのみんな、ついてきているか?

 

f:id:sasatanwwwww:20160913105353j:image

 

 

 

   月間少年サンデー、通称ゲッサンで斉藤ゆう先生が約4年間連載を続けてきた四コマ漫画、『月曜日は2限から』が2016年9月12日発売のゲッサン10月号をもって最終回を迎えました。

 

  僕はこの漫画が本当に滅茶苦茶大好きで、だけどインターネットであまり話題にならないのがもどかしくて、そしてAmazonのレビューでどこの馬の骨とも分からない感性の乏しいオタクが

 f:id:sasatanwwwww:20160913112118p:image

という嘘八百のレビューを書き連ねて星2つにしているのを読んで悲しくなります。 

   

  『月曜日は2限から』が"ギャグも会話の特徴もない流行りの日常物である"ってDaichi、お前正気か? イエス・キリストが腐ったピーナッツバターに見えているのか?

 

  『月曜日は2限から』の魅力の一つは間違いなく"尖った会話"なのですが、そこを真っ向から否定するレビューを書いた上に、「3人のお客様が役に立ててしまっている」の悲しすぎます。

 

 ただ、Daichiの憎みきれないところは、『月曜日は2限から』を何故か3巻まで読み進めていて

f:id:sasatanwwwww:20160913112400p:image

というレビューも星四つで書いているところです。

   感性の違いというのは事故みたいなものですし、DaichiもDaichiなりに『月曜日は2限から』を楽しんだのかな、ということでDaichiとはこれで手打ちにしたいと思います。

 

 

  それでは前置きが長くなりましたが、今回は『月曜日は2限から』について書くので読んでください。僕の言葉で『月曜日は2限から』について知ってください。

  

 

____________________________

  

   『月曜日は2限から』は、滅茶苦茶校則の厳しい高校金髪の女子高生と、その悪友である子高校生が校則を破りまくる、という内容の漫画です。

  そうやって説明すると「随分と激しくてアウトローな漫画だね」と思われてしまいますが、決して激しくはなく、羊が草原を歩き回るが如く穏やかな空気感で進行するボヘミアンな日常(?)漫画です。

 

f:id:sasatanwwwww:20160913144826p:image咲野瑞季ちゃん。金髪女子高生。

 

f:id:sasatanwwwww:20160913144920p:image居村くん。咲野瑞季ちゃんの悪友。

 

f:id:sasatanwwwww:20160913144854p:imageちーこ先輩。風紀委員長。

 

 

  それではDaichiが言うような、よくある日常モノと比べた時に『月曜日は2限から』の"良さ"、"強み"、とは一体何かと言うと、それは「技巧的で尖った刃(会話劇)」と「突飛なラブ・シチュエーションから繰り出される異次元からの刃(トキメキ)」です。刃に"会話劇"と"トキメキ"、二つのルビを振らせて頂きました。

  もちろん細かい点を挙げれば"良さ"なんてたくさんありますが、個人的にはこの二つがメインウェポンだと思っています。

 

 

 

 

  

  さて、『月曜日は2限から』についてより詳しく紹介していきたいのですが、ベラベラと御託を並べるのはここで終わりです。

  と言うのも、実は4ヶ月程前にフォロワーの方が、既に『月曜日は2限から』について詳しく紹介した記事を書いているのです。

  完全に先を越されました。

  ですので詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。僕よりもずっとモノの良さを分かりやすく伝えるのが上手な方です。

月曜日は2限からとか言うダラダラ読める漫画www - いつかたどり着く

月曜日は2限から

2016/09/13 19:00

 


「僕の言葉で知ってくれ」と言いながら他人に託すのごめん、だね。

 

 

   では、残ったスクロールで僕のブログは何をするのかと言うと、ここからは『月曜日は2限から名四コマセレクション』をやりたいと思います。

  ネタバレには配慮するので、『月曜日は2限から』を読んだことがない人はこれをサンプルに『月曜日は2限から』の具体的な"力量"を知ってください。まあバレて困るようなネタはないのですが、ちゃんと言うと単行本を読んだ時に白けることがないようにの配慮です。

  ファンの方は、ここで振り返って共感だったり懐かしさだったりを覚えてくれたら嬉しいです。

 

 

  なお、先ほど『月曜日は2限から』の良さとして挙げた、「会話劇」と「トキメキ」という二つを余すとこなく伝えるために、今回は『会話劇部門』『トキメキ部門』の二つの部門を設立いたしました。

 各部門5つずつ四コマを紹介しますので、紹介中の飲食、喫煙、フラッシュ撮影はご遠慮ください。

  

 

それでは『会話劇部門』 からご覧いただきます。

 

________________________

 

・『月曜日は2限から』の会話劇5選

 

 

 

①情に訴える警官的な

 

 f:id:sasatanwwwww:20160913193321j:image

5巻60限目『やはり君が犯人か……』より 

 

 

  場面は風紀委員室の鍵が盗まれ、咲野瑞季ちゃんが容疑者を問い詰めるシーンです。

  情に訴える警察官風にやたら血縁を泣かせようとしますが、誰もいなくて最終的に変な理屈で押します。

  咲野瑞季ちゃんが変な理屈で押して怒られたり突っ込まれたりするのは『月曜日は2限から』の基本ムーヴの一つです。その変な理屈の中でも一際好きなのを選出しました。

  泣かずに産まれてくる赤ん坊はいない。正解。

  

 

②髪の毛と善悪

 

f:id:sasatanwwwww:20160913212620j:image

2巻25限目『その温もりが、痛く。曇る。』より

 

  紆余曲折あって、咲野瑞季ちゃんはお風呂で妹に頭を洗われています。

   技巧的な会話の中でも僕のイチオシの一つです。

  金髪のケアだけは真面目→つまり根っこまでは悪に染まってなし→でも根元が黒くなっているよね……

  という理屈の通し方を淡々と行います。日常モノよりも頭を使って書いている感、伝わりますか?

  

  話はそれますが、僕は金髪女子高生が大好きで、それ故に『月曜日は2限から』を敬愛しているというのは少なからずあります。

  金髪女子高生が出てくる作品でも、具体的にどうして髪の毛が金色なのか生まれつきなのか染めているのか、について言及されている作品は殊更名作です。

  咲野瑞季ちゃんの髪は金色に染められていることが分かります。

  が、お前はどうなんだ?貧乏

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160913214413j:image(参考画像、シャロちゃん)

 

 

  ③野菜

 

f:id:sasatanwwwww:20160913214701j:image

1巻3限目『揺らがぬ女と揺らぐ女』より

 

  言葉遊び的な側面を持った初期の四コマ。

  まず1コマ目から突然漬物を背景にして、おばあちゃんの一口知恵袋みたいなのを言い出す時点でウケます。

  完全に『漬け込む』『腐る』の伏線のためでしかないのですが、ここまで露骨に孤立したコマを挿入する事はなかなか珍しいので却って好きです。

 

 言葉遊びは『月曜日は2限から』の十八番です。隙あらば駄洒落から無理問答まで繰り出します。派手さには欠けるかもしれませんが、いぶし銀の妙技は、"四コマ"を味わい深いモノへと仕立てあげています。まるで、良く"にこま"れたスープのように……

  "四コマ"なのに"にこま"とはこれ如何に、という苦しい無理問答でENDです。

 

 

④目を使う

 

 f:id:sasatanwwwww:20160914010611j:image2巻21限目『何かを騙す。思い出す。そして利用する。』より

 

   一コマ目左、咲野瑞季ちゃんの妹の目が悪くなったんだよ、という流れでの会話。

   1コマ目の「馬鹿でいいよ」を経ての2コマ目のセリフが、三コマ目の「馬鹿っぽい」で『つまり馬鹿』という感じで落ち着き、四コマ目の「悪女だね」が「目の悪さ」 と掛かっているという凝った会話劇になっています。

 

  これだけでも良い四コマなのですが、「目が悪くなったら好きな人の顔が見えない」「目が悪いと好きな人に接近できる」という発想に"きゅんとして痺れ"です。

 

  「アタシ、睨んでるって言われてよく怖がられるんだよね」

「たしかにA子は睨んで見えるよ」

「それは違うの。目が悪いから、よく見ようとして細めちゃうだけなの」

「それじゃあ近づいてよく見たらいいよ。こんな風に」

そう言ってB子はA子に顔を寄せると、ついでに唇を重ねる。驚いたA子の目はまん丸で、これっぽっちも睨んでなんてないのだった。

 

そういう感じで各自応用よろしくお願いします。

  

 

 

⑤かわいい

 

f:id:sasatanwwwww:20160914110144j:image

1巻7限目『わんわんでちゅよー』より

  

  1コマ目の右が若干ぼやけてしまっているのをご了承ください。

 

わんわんでちゅよー』 というサブタイトルがまずかわいいのですが、内容の方も負けず劣らずかわいくなっています。

  犬が飼い主に似るメソッドを奇抜に活かして、犬の好意が飼主の好意をほのめかす、という正に"きゅんとして痺れ"なシチュです。応用が効きそうな一幕ですね。

 

どう

したのっ

という居村くんの台詞も可愛げがあります。

  まず、文脈からして犬に対して話しかけていると思いますが、居村くんって犬に話しかけるタイプの人種だったのか~と和みます。

  また完全に焦っているのが文末の「」から伺えますし、吹き出しの都合上改行されたであろう「どう」と「したのっ」のせいで、一回息を飲んだ感じに見えるのが可愛げポイントです。

 

  動物と高校生の絡み、かわいいに決まっている。

  

 

 

 

 

  というわけで、以上が会話劇部門でした。

  5つに絞るのが難しすぎて10時間程悩んで疲れきってしまったため、正直、本当に最高の5つを選べたのか自信がないのですが、少しでも良さが伝わってくれたら幸いです。

 

  ここからはトキメク四コマ5選でお送り致します。

 

  『月曜日は2限から』はゆるやかに校則を破っていくほのぼの漫画ではありますが、ラブもトキメキも生半可ではありません。正直、ここからが本番という感じもありますので、気を引き締めてご覧ください。

 

____________________________

 

 

・『月曜日は2限から』トキメキの5選

 

 

①誕生日プレゼント

 

f:id:sasatanwwwww:20160914114120j:image3巻34限目『祭』より

 

  平然と八コマ貼って申し訳ありません。だってどっちも見て欲しいから……

  咲野瑞季ちゃんが居村くんに誕生日プレゼントを渡す場面です。プレゼントのハードルをメチャ上げておきながら映画のチケットを渡す、というギャグで終わりかと思いきや、実はデートの口実になっている、というハメ技です。

 

  これ、メチャ"きゅんとして痺れ"では?

 

  普通に女の子からされたい気持ちもありますが、男の子が女の子にやっても効果アリだと思います。

  今の時期だと『君の名は。』との合わせ技で落とせない異性はいないので無敵です。

  節度を持って活用してください。

 

 ちなみに先程から使用している"きゅんとして痺れ"ですが、「凛として時雨」を意識した語感になっています。流行れ。

 

 

②神社の境内

 

f:id:sasatanwwwww:20160914120749j:image4巻44限目「waiting for…」より

 

 やたら4が並んでいる話数から、初詣は人が多いから手を繋ごうね、というストレートにトキメキのシチュエーションを選出。

  普通に八コマですが、ここで「四コマ」を切り抜くと""が"4つ"になってしまうので致し方ないことです。

 

  この場面、何にトキメクかと言えば「手を繋ぎたくない」からの「だって走って迎えにきてくれるでしょ」の破壊力に違いありませんが、頬を赤らめながら慣れない心地で「……手繋いどく?」という居村くんにも"きゅんとして痺れ"です。

  既読の方にしか伝わらないのですが、「……手繋いどく?」なんてラブな台詞、居村くんが咲野瑞季ちゃんに対して言うのはこれが初めてなんですよ。

  着物の魔法に当てられて、あくまで"悪友"の2人が異性として意識する。そういうトキメキがつまった思い出の一幕です。

 

③テンション下がる

 

f:id:sasatanwwwww:20160914124412j:image

5巻61限目『あ……~ん』より

 

   雨の中ハンバーガーをテイクアウトした後の下駄箱での一幕。タイトルの『あ……~ん』がやらしい感じですが、「はい、あ〜ん」の「あ〜ん」です。

 

  率直に言って

  これにトキメカないオタク男子、いるか?

  好きな男の子に近づいて喜んじゃう女の子、可愛すぎるんですよ。"きゅんとして死"です。キュン死です。

 

  こういうの"何萌"って言うかご存知ですか?

  恋する乙女萌えですよ。

  女の子って恋するだけで可愛くなるからズルイですよね。 

 

 

④ヤバイ

 

f:id:sasatanwwwww:20160914125448j:image6巻69限目『桃色の夜』より

 

  伝説の69限目より選出した四コマ。

  この69限目、『桃色の夜』だとか『69』だとか既に性のメタファーに囲まれているお話なのですが、とにかく全体を通してプラトニックなトキメキに溢れた伝説の回です。

  どれくらい凄いかと言うと、69限目がゲッサンで連載された日には、普段『月曜日は2限から』について誰も触れていない2ちゃんねるゲッサンスレに、「たまにこういう回があるから『月曜日は2限から』は侮れない」というレスが付いた程です。ピンと来ないかもしれませんが、「レスがある……」と僕は感動していました。

 

  掲載した四コマの方に触れますが、特別言う事はありません。会話こそ機知に富んでいますが、とにかく「こら!チューさせろ!」という台詞が全てです。「こら!チューさせろ!」って可愛すぎる台詞なんですよ。咲野瑞季ちゃんのいい笑顔も相まって史上最高の一コマになってしまいました。

 

  「こら!チューさせろ!」に対する最適解ってなんでしょうね。

  「絶対に嫌だね!」と言いながら「べー」って舌を出したら、その舌ごと絡め取られてチューされちゃうヤツですかね? 完全にどっちも女の子で思い描いています

 

 

  果たしてチューしたのかしていないのか!?はたまたセックスまでしたのか!?それは『月曜日は2限から』6巻で確認してください。

 

  

 

⑤最高だよ

 

f:id:sasatanwwwww:20160914132046j:image

1巻6限目『ノックノックジョーク』より

 

 

  僕が『月曜日は2限から』を心の底から好きになったのは、この四コマがきっかけだったのかもしれません。

 

  6限目、最初から最後まで通して読んで、一つの物語として完成度の高い話なのですが、『傘を部屋に見立ててノックする』というただ一点の力を持ってして、僕は作者の斉藤ゆう先生に敗北しました。

  傘をノックするという異次元からの発想。そしてそれを女の子がするのって、絶対に可愛くてトキメくんですよ。

  天気は。雨と言えば基本的に物語において不吉なモチーフとして使用されますが、その不吉さを裏切り、雨を最大限にトキメキへと変換したこの四コマは僕の希望です。雨が降った日に落ち込んだ僕を支えてくれるのは、この四コマだけです。

 

 

  虹をかける必要なんてないのです。ただ単に傘をノックする。それだけで良かったのです。

 

  

 

 

____________________________

 

 

  以上をもって『月曜日は2限から』の紹介は終わりです。

 

  本当に見せびらかしたい四コマが山ほどあるのですが、それでは販促にならないので涙を飲んで10こです。

  

  斉藤ゆう先生からしたら、「10こも無断掲載しているので死ね!」という心持ちだと思うのですが、僕の口では伝えることの出来ない"凄さ"を実際に見て確かめて欲しかったんです……インターネット特有の法律のグレーゾーンと、これからのコミック売上増加の期待に免じて許してください……

 

 

  『月曜日は2限から』は本当に素敵な漫画でした。もろもろの作業後に発売される7巻をもって最終巻となるわけですが、切なさと、綺麗に終わってくれる嬉しさがせめぎ合い、複雑です。

 

  僕の大学生活の4年間は、偶然にも『月曜日は2限から』の連載した4年間と重なっています。

  たしかに僕は基本的に1限に出席できない人間だったので、『月曜日は2限から』と自分の大学生活を重ね合わせて喜んだりしていました。

   月曜日は2限から、本当にありがとう。

 

 

 

 

 

だってオタクだから仕方ないじゃん……

 

ブログ色に合わない真面目な感謝をするのもたまには許してよ!ばか!ばいばい!

 

 

月曜日は2限から(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

月曜日は2限から(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

  

君の名は。を聖剣使いの禁呪詠唱と比べた(ネタバレ有り)


「君の名は。」予告2

 

 

  君の名は。を見たので、流行りに乗って感想を書こうと思います。ネタバレをメチャ含むし、『君の名は。』を見ている前提で話が進むので注意してください。

 

  しかし感想を書くのはいいのですが、僕は新海誠監督の映画を見たのは初めてなので、ネットでよく見かける「君の名は。新海誠において〜」や「新海誠監督を誰と比べて〜」を言うことができません。

  それなので、今回はあくまで『君の名は。』という一つの作品について、『聖剣使いの禁呪詠唱』と比べてみようと思います。

  

   『聖剣使いの禁呪詠唱』が『君の名は。』と似ているようで異なるからです。

 

 f:id:sasatanwwwww:20160831200127j:image(聖剣使いの禁呪詠唱)

 

 

 

 

・背景

  


「君の名は。」予告

 

 

君の名は。』の予告映像です。

  見て頂くと分かると思うのですが、背景の描写がメチャ綺麗です。「メチャ綺麗な背景が新海誠監督の特徴」と聞いたことがあるのですが、その通りなのでしょう。

 

  ではそれに対して『聖剣使いの禁呪詠唱』を見てみます。

  

 f:id:sasatanwwwww:20160831201641j:image

 

f:id:sasatanwwwww:20160831201902p:image

 

聖剣使いの禁呪詠唱』は、2話にしてヤシの木が終わった感じになっています。

 

  背景の優劣は、二つの作品の重要な違いです。

  『君の名は。』は単純に綺麗なアニメーションとして女の子と一緒に見たくなりますが、ヤシの木が終わっているアニメを女の子と一緒に見たくありませんよね?

  『聖剣使いの禁呪詠唱』を一緒に見たカップルは破局します。

 

  

  f:id:sasatanwwwww:20160902163556j:image

  ちなみに『聖剣使いの禁呪詠唱』史上最も美しい背景描写は雷帝との戦い後のこれです。お空、綺麗

 

 

・思い出す。

 

  『聖剣使いの禁呪詠唱』と『君の名は。』、どちらの作品においても「思い出す」という行為は重要なファンクションです。

 

   『聖剣使いの禁呪詠唱』においては、主人公の灰村諸葉くんがピンチに陥る度に、確定演出的な回想が入って前世の記憶を思い出して強くなります。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902131841j:image思い……出した!

 

 

  『君の名は。』では、瀧くんと三葉ちゃんが顔を合わせることで互いの名前を思い出します。「会えば絶対すぐにわかる!」って予告でも言ってましたね。

 

  さて、『君の名は。』は瀧くんと三葉ちゃんのダブル主人公の物語ではありますが、ここでは瀧くんの視点に立って話を進めたいと思います。

  

  瀧くんが思い出すのは「三年前に三葉として体験した記憶」です。そして灰村諸葉くんが思い出すのは「前世の記憶」です。

 

  つまり『君の名は。』における「三年前」に当たるのが『聖剣使いの禁呪詠唱』における「前世」なのです。

 

 

   "思い出す記憶の距離"の違いは重要で、こうして抜き出してみると、『君の名は。』が等身大のロー・ファンタジーで、『聖剣使いの禁呪詠唱』がハイ・ファンタジーに近いものであることが何となく伝わると思います。

 

 

  また、『聖剣使いの禁呪詠唱』において、「前世」というかけ離れた時間は思い出すだけのものでしかなく、ただの置物に近いです。

  その結果、物語も「思い出して強くなる」という「レベルを上げて物理で殴れ」くらい単調なモノになってしまいました。

   

 

   その点、『君の名は。』はヤバイです。「前世」に当たる「三年前」が極めて身近な時間軸のため、物語に密接に絡んできますし、そこにダメ押しのように付け加えられた「入れ替わり」という要素がアホほど機能して最強に見えます。

 

  『聖剣使いの禁呪詠唱』を貶めて『君の名は。』を絶賛するみたいなことは止めたいんですけど、相手が悪くてそういう感じになってしまうの許してください。

   刃牙に瞬殺されたマホメド・アライJrを思い浮かべてしまいます。

  

・男女関係

   『君の名は。』は恋愛を題材にした物語です。『聖剣使いの禁呪詠唱』に関しても疑問の余地はありますが、一応恋愛を一つの要素として数えることができます。

 

  両者の恋愛を比べてみます。

まず『君の名は。』に関してですが、恋物語を唄っているにも関わらずキスはおろか、手をつなぐ描写すら出てきません。唯一""を意識させるのは、毎朝自分のおっぱいを揉む瀧くんと、トイレに行って顔を赤らめる三葉ちゃんだけです。極めてプラトニックなお話だと見て取れます。

 

 しかし心が入れ替わるという事象は、単純なスキンシップよりも恋心を掻き立てるものなのでしょうか。「愛などいらぬ」と豪語した聖帝サウザーも、女の子と入れ替わって毎朝おっぱいを揉んだら「はあ……好き」とかTwitterで言い始めるんですかね?

   僕も1回経験してみたいものです。 

 

 

 

聖剣使いの禁呪詠唱』においては、『君の名は。』と比べて男女のスキンシップが激しく描かれています。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20160902221637j:imagef:id:sasatanwwwww:20160902221646j:image

 まず、おっぱい要素は朝飯前です。完全に『君の名は。』を超えてきます。

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160902220641j:image f:id:sasatanwwwww:20160902222138j:image

  キスだって余裕です。「キス位いいじゃない……減るものじゃあるまいし」と言った女の子に対する「減るよ……女の価値が」というAnswerは僕の中でえらくウケており、屈指の名シーン認定されています。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160902221950j:imageそしてついには、裸の男女がベッドインします。瀧くんが手のひらに「好きだ」って書いている間に、『聖剣使いの禁呪詠唱』はSEX紛いのことをしているのです。

 

   以上のように、恋愛描写(性を意識させる描写)に関しては圧倒的な差があります。プラトニックな恋が見たい紳士淑女の方々は『君の名は。』を見て欲しいですし、普通におっぱいが見たいオタクは『聖剣使いの禁呪詠唱』を見ればいいと思いますし、かわいい女の子が見たいなら『ご注文はうさぎですか?』を見てください。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902223417j:image(参考画像、シャロちゃん)

 

 

・再会

  ボーイミーツガールに関して両者の作品は似ています。

    

  『聖剣使いの禁呪詠唱』においては、前世で妹だった女の子に再会します。

 

  『君の名は。』では、三年前に入れ替わっていた三葉ちゃんに再会します。

 

 

  では、『聖剣使いの禁呪詠唱』の"再会"について詳しく振り返ってみます。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902143207j:image

 

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142402j:image

  灰村諸葉くんは入学式で眠っています。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142006j:image

  見ている夢は前世での妹の夢です。夢は記憶の整理と言いますから、前世の記憶もあるとカオスな夢が見られそうです。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142616j:image

  気持ちよく寝ているところに頭突きをかまされる灰村諸葉くん。前世での夢は覚めて現実世界に引き戻されます。

  

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142012j:image

   目の前には夢の中で見た前世の妹と滅茶苦茶似ている女の子が立っています。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142021j:image

  顔を見た瞬間に、前世の妹の名前を思い出したので「サラシャ?」と言ってみます。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902142834j:image

  "前世の妹"の名前を呟いたら、目の前にいたのはやっぱり"前世で妹だった女の子"だったので、「おにいさま〜〜〜」とダイブをかまされてボーイミーツガールはENDです。

 

 

   『聖剣使いの禁呪詠唱』、『君の名は。』なのでは……?

  これ「私たちは会えば絶対すぐに分かる!」っていうヤツだ!

  

  しかしあくまで『聖剣使いの禁呪詠唱』は『聖剣使いの禁呪詠唱』ですし、『君の名は。』は『君の名は。』なので両者の"再会"には違いがあります。

 

 

  一つ目の違いは、物語における再会の位置づけです。

  

  『聖剣使いの禁呪詠唱』において上記の再会の件は、1話の冒頭部分です。ラブコメ開始のための"再会"なのです。

 

  ですが『君の名は。』における再会は、ご存知の通り物語の最後です。「君の名前は……」とタイトルコールで締めてくれます。

  『聖剣使いの禁呪詠唱』の再会が恋の始まりなのに対して、『君の名は。』の再会は愛の始まりなのです。

 

  もう一つ、再会について描写の繊細さも異なります。

 

  『聖剣使いの禁呪詠唱』では目の前に"前世の妹"と似た女の子が立っているだけで「サラシ」と躊躇なく名前を呟きました。妹も「おにいさま〜〜〜」と乗っかります。

 

  『君の名は。』最後の再会については語るまでもありませんね?「なんとなくこの人を探していた気がする……相手も同じことを思っているのだろうか……」という繊細すぎる心情を階段の昇り降りで見事に表現してくれました。

  

 

  『聖剣使いの禁呪詠唱』に関してはそもそも空気感がふざけているので、仮に目の前に立っているのが"前世で妹だった女の子"じゃなかったとしても、「あんた何言ってんの?」から始まって紆余曲折経た後に「このシスコン〜〜!」と落ち着いて許される雰囲気がありますから、多少雑な言動は許されます。

 

  しかし、『君の名は。』で「あの……どこかで」と声をかけた相手が知らない人だったら、確実に瀧くんの心は壊れて就職活動が失敗して視聴者は泣き崩れてしまいます。

 

  そういう繊細な描写が活きる空気感や世界観もまた『聖剣使いの禁呪詠唱』とは大きく異なります。

  

  ところで"前世の妹"ってパワーワードですよね。

 

前前前世

前前前世

 

 

 

・倒すべき敵、救うもの

 

   『聖剣使いの禁呪詠唱』において最大の敵は「エンシェントドラゴン」でした。

 

 

 f:id:sasatanwwwww:20160902190657j:image

  このエンシェントドラゴン、灰村諸葉くんが転生をする度に姿を現し、灰村諸葉くんから大切なモノを奪っていくという邪悪な存在なのです。

 

 

 

  『君の名は。』で「エンシェントドラゴン」に当たる倒すべき敵とは「ティアマト彗星」です。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20160902191604p:image

  三葉ちゃん、糸守町の人間、糸守町そのもの、瀧くんから大切なモノをすべて奪っていく美しくも残酷な彗星。『聖剣使いの禁呪詠唱』 における「エンシェントドラゴン」並に繰り返し登場して、視聴者に刷り込みが行われる重要なモチーフです。

  

 

 さて、まず『君の名は。』から見てみると、最終的に瀧くんと三葉ちゃんが救ったのは「糸守町の人間の命」でした。

  彗星を倒すわけではなく、町を救うわけでもなく、ただ住民の避難を誘導して命を繫ぐ。そういう等身大の『高校生のできる限りの戦い』という感じがメチャ熱くて、僕は見ながら泣いていました。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902224518j:image(参考画像、糸守町)

 

 

  

  では『聖剣使いの禁呪詠唱』でエンシェントドラゴンから救ったものは何かと言うと、「人の命と街の存在」なのです。詳しく振り返ってみます。

 

 

  f:id:sasatanwwwww:20160902193315j:imageエンシェントドラゴンに裏を取られるダブルヒロイン。ちなみに"前世で妹だった女の子"の隣にいるのは"前世で妻だった女の子"です。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902193440j:image裏を取ったエンシェントドラゴンの攻撃。2人は石にされてしまいます。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902193617j:image■灰村諸葉、キレた!!

 

f:id:sasatanwwwww:20160902193729j:image

  エンシェントドラゴンを倒すために禁呪「コキュートス」を使おうとします。

 

  しかし、この「コキュートス」は恐ろしい呪文で、過去にロシアの地形を変えてしまった程の威力を持つのです。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902193934j:image先ほど貼った『聖剣使いの禁呪詠唱』史上最も美しい背景は、何を隠そう「地形が変わった後のロシア」でした。が一つ増えてしまったのです。

 

 

  今回も「コキュートス」を使おうものなら、エンシェントドラゴンはたしかに倒せますが、日本に湖が一つ増えるのは必至です。

 

 

  そこで2人の石化してしまったヒロインは、ご都合主義を超越した何かで石化を解除して目覚めます。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902194525j:image

 

f:id:sasatanwwwww:20160902194746j:image

 

怒りに狂う灰村諸葉くんを正気に戻します。 

f:id:sasatanwwwww:20160902194751j:image

ちなみに"怒り狂う灰村諸葉くんのギザギザ感"は基本的に面白いので一見の価値ありです。

 

f:id:sasatanwwwww:20160902194936j:image

  正気に戻った一行は空を飛んで

f:id:sasatanwwwww:20160902195035j:image呪文の力でメチャ大きくした剣でエンシェントドラゴンをぶった切ってENDです。救われました。

 

  

   振り返って分かったように、『聖剣使いの禁呪詠唱』においては、エンシェントドラゴンを倒して人の命を救い、また「コキュートス」によって湖になりそうな街も、一つ救われました。

 

 ここが『聖剣使いの禁呪詠唱』において『君の名は。』と対極にある点です。

 

  

  『君の名は。』 の彗星は止まらず、糸守町はになります。ですが、『聖剣使いの禁呪詠唱』ではエンシェントドラゴンは倒され、街が湖になることはないのです。

 

 

  一つの落ち度もない完全無欠のhappyENDを遂げたのが『聖剣使いの禁呪詠唱』だったのです。

 

 

  今回の記事で初めて『聖剣使いの禁呪詠唱』を褒めた感じになりましたが、呪文で大きくした剣でぶった切ってENDってなんだよ。『君の名は。』が「糸を紡いで作った結びの刀」みたいなヤツに、みんなの想いが乗っかって流星を砕いてhappyENDを迎えるくらいなら、普通に今のままの方が素敵な終わり方ですからね。

 

 

 

  ちなみに先ほど連呼した『エンシェントドラゴン』は原作には登場しないらしく、通称『原作者も知らないドラゴン』と有名です。原作者も知らないドラゴンと、天文学的視点から見ると間違っている彗星を比べてみました。

 

 

____________________________

 

 

  もう限界なので終わりにします。そんなにたくさん『聖剣使いの禁呪詠唱』と比べるところは見つかりません。

 

  本来僕は『思い入れが深すぎるモノ』に対してブログ記事を書くのが苦手な人間なのですが、『君の名は。』は思い入れが深すぎました。だって面白すぎる。

 

 

 

  『聖剣使いの禁呪詠唱』に関してはソーシャルゲームが最近リリースされました。

興味のある方はやってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

完全に余談です。

 

  僕は『君の名は。』にRADWIMPSを使うことに批判的なタイプの人間だったのですが、インスト劇伴音楽から歌入り曲まで本当によく映画に合っていたので最高でした。サントラが欲しくなるレベルです。

  ていうか本当に天才的だったので、RADWIMPSはこれから映画の音楽を作るバンドになってくれ。そして2度と「生きてる間すべて遠回り」とか歌わないでくれ。

 

 

  とにかくすべてが最高なので、『君の名は。』を見てください。「世間が評価してるので〜」みたいな最悪な理由で見ないオタクはシン・ゴジラに殺されてくれ。あと『君の名は。』をデートの口実に使うのは犯罪なので死んでくれ。

 

   絶対に一つも余計な感情を挟まないで『君の名は。』を純粋に楽しんで見てくれよな!