読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいそうなケーキ

紗々(@sasatanwwwww)っていう女子高生のブログだよ

このネーミングセンスがヤバイ!素敵なキャラクターの名前10選

 


  今回の記事は、僕の大好きな「言葉」についてです。
  僕は言葉が大好きな人間なので、毎日Twitterをやっています。Twitterは色々な言葉が流れてきて楽しいですね。


 まあ僕のTLは、こういうタイプの頭悪い言葉しか流れてこないので勘弁してくれ〜って感じなんですが。



  僕のTwitter事情は置くとしても、素敵な人間の使う言葉は素敵です。
  例えば、かの有名な素敵人間、畑亜貴先生はこんな言葉を使っています。



  「世界平和だ  ご近所訪問」





 
  これが素敵人間の使う言葉です。

  ご注文はうさぎですか??のOP、ノーポイッより引用した言葉ですが、こんな素敵な言葉を生み出すことが、普段Twitter「シャロちゃんのうさ耳をポイってしたい人生だった」なんていうツイートを繰り返すオタク達にできるでしょうか?(反語)

f:id:sasatanwwwww:20160108013238j:image
(参考画像、シャロちゃん)

  素敵な言葉を扱う人間は、物語に携わることがほとんどです。例えば小説だったり、漫画だったり、ゲームだったり、色々な物語に素敵言葉扱奴は携わっていらっしゃいます。

  今回はそんな物語に登場する素敵な言葉たちを紹介したいわけなのですが、物語において、言葉の持つ素敵さが一番詰まっていて、かつ言葉使いのセンスが顕著に現れる部分はどこだと思いますか?



  
……答えは人それぞれ別れると思いますし、異論は認めるのですが、個人的には「名前」に現れると思っています。ネーミングです。
  これは何も、キャラクターの名前に限らず、場所だとか、道具だとか、多岐に渡る名前です。
  
  そんな中で、僕はタイトルにもある通り「キャラクターの名前」に焦点を絞って、今回の記事を書きたいと思います。



題して「このネーミングセンスがヤバイ!素敵なキャラクターの名前10選」です。



  僕が心ときめいたキャラクターの名前を10個紹介しますので、皆さんは言葉って綺麗だな〜って思い直して、これからの自分のツイートを改めて下さい。

  僕も改めますので。


  なお、今回の記事もあくまで僕の個人的な嗜好によるものなので、人によっては全然ピンと来ない言葉もあるかもしれませんが、その点ご了承ください。
いつもご了承をお願いして申し訳がないです。


____________________________________________________________________


【火焔猫  燐】(かえんびょう  りん)
命名者:ZUN
f:id:sasatanwwwww:20160108202616j:image

  東方Projectより選出、火焔猫燐、通称おりんです。

  まず注目すべきは「燐」という名前です。
  「りん」には凜とか鈴とか素敵な漢字がたくさん揃っているのですが、その中で火車という妖怪のキャラクター性に合わせて、火のついた「燐」という漢字をチョイスしたのがgoodです。

  僕は「りん」という女性名がとても大好きです。 かっこいいですよね。「おりん」なんて呼ばれるキャラクターに、「アタイ」の一人称を割り当てたいです。
  しかし好きすぎるが故に、キャラクターに命名するとなると、なかなかできないんですね。
  どうせなら取っておきのキャラクターに命名したいし、「りん」に見合った苗字もつけなければなりません。

  「田中 凜」という名前の、変な服を着た女の子を想像してください。勿体なくないですか?
  その点火焔猫燐という名前は、見事「りん」に釣り合った苗字が付いています。おりんちゃんは猫耳だし三つ編みだし魅力的なキャラクターでもあるので百点満点です。

  東方はキャラクターの名前だけではなく、音楽だったり技名だったりにも素敵なネーミングが沢山あるので、興味がある方は1度調べてみてください。






【グリムジョー・ジャガージャック】
f:id:sasatanwwwww:20160108220027j:image

  説明不要の師匠命名。BLEACHより抜粋グリムジョー・ジャガージャック君です。

  実は僕、BLEACHって読んだことないので、グリムジョー君がどんなキャラクターなのか全く知りません。
  なんでも、Wikipediaを見る限り、グリムジョー君は「破壊」に特化したヤバいキャラクターらしいです。

  ですがそれって、「グリムジョー・ジャガージャック」という名前を見ただけで、なんとなく伝わってきますよね?
  名前を見ただけで「暴力性」「コイツに関わったら"ヤバい"」というキャラクター要素が伝わってくるのは本当に見事なところです。



  僕が推測するに「グリム」「クリムゾン」という、イギリスで暴力や血を表す単語(エロ同人作家ではないです)を元にして、そこに男性名である「ジョー」を足したのではないでしょうか。
  「ジャガージャック」もそんな感じで、ジャガーは凶暴だしジャックはかっこいいよねって感じです。かっこよくて凶悪な感じに仕上がりました。


  皆さんはこの機会にBLEACH、読んでみてはいいがですか?僕は読む気力ないですが。

BLEACH  1 (ジャンプ・コミックス)

BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス)






命名:不明
f:id:sasatanwwwww:20160108204038j:image

  本来ハンプティ・ダンプティとは、マザーグースの一つであり、そこに登場する卵の姿をしたキャラクターのことでもあります。つまり、童謡のタイトルでもあり、キャラクターでもある訳です。
  分かりやすく例えると、アカギが主人公の名前でもありながら、作品名でもあるということです。

  ハンプティ・ダンプティという、この愉快な字面が僕はとっても好きです。百回くらい連続で口ずさみたいです。

  ハンプティ・ダンプティの意味だとか、語源だとかについては真面目に語っていると長くなってしまうので省略します(Wikipedia見てください)が、一言だけ言うと、表音言語である英語ならではのネーミングなのかな?って小首を傾げながら思いました。小首を傾げるって可愛いですよね。


アカギ?闇に降り立った天才 1

アカギ?闇に降り立った天才 1




 


【田中 トム】(たなか とむ)
f:id:sasatanwwwww:20160108201151j:image

  成田ファンから、もっと凄い名前あったでしょ!と言われそうなのですが、僕は一番トムさんの名前がシンプルながら好きなので、デュラララより田中トムさんを選出しました。
  
  田中は日本でありふれた苗字トムは英語圏で頻繁に見かける名前(また略称)なのですが、二つのありふれた字名を組み合わせて出来上がったこの名前はどうでしょう。見事に唯一無二な素敵さです。

  決して飾ることなく、シンプルな組み合わせによって素敵さを築いた田中トムという名前は、新造形主義のピエト・モンドリアンの絵画を思わせますね。


f:id:sasatanwwwww:20160108201202j:image
(参考画像:赤、黄、青のコンポジションモンドリアン




f:id:sasatanwwwww:20160108201219j:image
だからなんだって感じですね。






  ちなみに、田中トムでGoogle画像検索すると、五枚目くらいにかなりヤバイ画像がヒットするので気をつけてください。







【Disco Wednesdayyy】(でぃすこ うぇんずでい)
f:id:sasatanwwwww:20160108202759j:image
 
  舞城王太郎先生執筆、ディスコ探偵水曜日より迷子探しの探偵ディスコ・ウェンズデイです。作中では終始カタカナ表記で「ディスコ・ウェンズデイ」ですが、一応英語の国の生まれなのでアルファベット表記させて頂きました。そっちのがかっこいいので。

  Wednesdayの 「y」が3つ重なっているのはミスではなく、作中の冒頭で『ウェンズデイのyが三つ重なるせいで友達がみんなカウボーイの「イィィィィハ!」みたいに語尾を甲高く「ウェンズでE!」といなないてぶふーふと笑う』と表記されているのでこれであってます。
  

  「ディスコ」「ウェンズデイ」という単語の秀逸な組み合わせもさる事ながら、和訳との組み合わせで作り上げられたディスコ探偵水曜日という小説の題も素敵ですね。あと日本語名を名乗る時は「踊場水太郎」なんて名乗ったりします。水太郎はちょっとカッコよさには欠けますね。



  ディスコ探偵水曜日には、他にも素敵な名前の探偵がたくさん登場します。上(中)下巻合わせて、びっしり書き連ねられた文字列が1200ページくらい続く小説ですので、達成感を味わいたい人だけ読んでください。

ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)






【キスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード】
f:id:sasatanwwwww:20160108202811j:image

  この題材でこの人を避けて通ることは出来ないですね。西尾維新先生の物語シリーズより選出のキスショットアセロラオリオンハートアンダーブレードちゃんです。

  西尾作品から好きな名前を1つだけ選ぶというのはなかなか難しいのですが、個人的に一番声に出したい日本語を選ばせて頂きました。

 略して「キスショット」なんて呼ばれてるのも素敵ですし、忍野忍になってから「旧キスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード」と呼ばれてるのも素敵です。とにかくキスショットをとってもアセロラをとってもオリオンをとってもハートアンダーブレードをとってもどこをとっても素敵な、素敵言葉の羅列感が半端ない素敵の塊ですね。

  しかし、それでいてどことなく吸血鬼感があるのは流石です。キスショットは吸血動作っぽいですし、アセロラ血を思わせる赤ですし、オリオンはオーリーオーンの神話に準えられるっちゃ準えられる気がしますし、ハートアンダーブレードもなんとなく頑張ればこじつけられるっちゃこじつけられますよね。適当ですが。

  西尾維新先生が好きだと言うと、ガキ乙みたいな風潮ですが、ネーミングに関しては本当に天才的な方だと思いますので、皆さんも勇気を出して西尾維新先生って凄いよね〜と言ってみてください。







九十九十九(つくも じゅうく)
f:id:sasatanwwwww:20160108204541p:image

  作者の名前にもフリガナが必要かと思われる清涼院流水(せいりょういん りゅうすい)先生の作品、JDCシリーズから選出、九十九十九です。

  このキャラクターは「九十九 十九」と間にスペースを入れて、姓と名前を区別するのが正解なのですが、九十九十九インパクトを魅せたかったので仕方ないですよね。

 突然ですが、 ここまで挙げた、清涼院流水西尾維新舞城王太郎成田良悟、4者の作品には、ある共通点があります。
  それは作中の登場キャラクターの多さです。
  余談ながら何故これらの作者が狂った名前をキャラクターに命名するのかを推測しますと、恐らくそれは、物語の媒体が小説であるが故なのではないでしょうか。

  アニメや漫画では、登場キャラクターの名前を覚える必要がほとんどありません。顔さえ覚えておけば愛称で呼んで構いません。僕もCharlotteの「友利奈緒」ちゃんの名前が覚えられなくて、ずっと「あやねる」と呼んでいました。それで通用するのです、アニメと漫画では。

f:id:sasatanwwwww:20160108212252j:image
 (参考画像、あやねる)

  しかし小説ではそうはいきません。何故なら文字だけの世界だからです。キャラクターには声もビジュアルもありません。それなのでキャラクターの名前を認識してもらう必要があるのです。

  ですが、キャラクターの多く登場する小説においてはそれが困難を極めます。
  人は新しい単語をいくつも覚えることができません。なんか突然カタカナ造語をいくつも並べた説明が始まるファンタジー小説ありますよね?  あれを覚えられないのと一緒です。

  絵が使えない、音も使えない、しかし登場人物は多い。
  この難題を解決する鍵が、狂ったネーミングなのです。インパクトのある字面、印象に残る名前、それらは人の意識に強く訴えかけます。

  広大な文字の海の中で、キャラクターを浮かび上がらせるネーミング、それが九十九十九であり、  「ディスコ・ウェンズディ」であり、小説という媒体から生まれるべくして生まれた言葉たちなのです。素敵な話ですね。全部推測ですが。

  あと、西尾維新先生に限ってはそういうことを考えた訳ではなくてただ趣味で名前つけてる気はしますね。もちろん推測ですが。
  
  余談で締めるのもなんなので、JDCシリーズのリンク貼って九十九十九の件は終わります。

コズミック (講談社ノベルス)

コズミック (講談社ノベルス)






【裸獣汁外衛賤厳】(らじゅうじゅうげえしずよし)
f:id:sasatanwwwww:20160108202830j:image

  内藤先生の血界戦線よりヤバめな名前を選出しました。裸獣汁外衛賤厳です。
  不吉な感じのキャラデザに、おどろおどろしい雰囲気を帯びた字面が完璧にマッチしています。


  「裸獣汁外衛賤厳」と見ると、一見人知を超えたネーミングに見えますが、名付けたのは人です。取っ掛りがあります。ネーミングの元となった名前を勝手に推測すると、「柳生三厳」(やぎゅうみつよし)が有力だと思われます。
  解体して見ていきましょう。

  まず「らじゅう」ですが、「やぎゅう」と音が似ています。
  「らじゅう」という音自体は、亀慈国出身の僧侶鳩摩羅什」(くまらじゅう)から取っていると思われますので、らじゅう自体を導き出すのは難しくないですし、そこに「裸獣」とそれっぽい字を当てるのも簡単です。
  ですが、「やぎゅう」の代わりに「らじゅう」を持ってくるのが容易いかと言われれば、それは難しいところです。ラップやってる人はこういうの得意そうですね。

  続いて「じゅうげえ」なのですが、これは柳生三厳の通り名である「十兵衛」から取られていると見て間違い無いでしょう。
  「じゅうべえ」から外して「じゅうげえ」にして、更にそこに「汁」を当てたのは内藤先生のセンスが伺える箇所です。裸獣に続いて汁が加わったことで一気に不穏な雰囲気が増しました。

  最後の「しずよし」ですが、「〇厳」と書いて「〇〇よし」と読むのは柳生氏に多く見られる名前の特徴です。その特徴に沿って「賤厳」と命名したのは分かりますが、「厳」の前に「賤」をチョイスするのはなかなか出来ることではないです。ぎりぎり厨二をくぐり抜けた感が凄いですよね(くぐり抜けてますよね?)。



  血界戦線には漢字名の登場キャラクターはあまりおらず、カタカ名の方が多く見られます。どちらにせよ素敵な名前ばかりですのでオススメです。(僕はアニメしか見てないので、漫画の方はちょっと分からないですね)






【桐間 紗路】(きりま しゃろ)
命名:Koi
f:id:sasatanwwwww:20160108203001j:image

  Koi先生のごちうさから抜粋するのは、みんな大好きシャロちゃんです。

  ごちうさのキャラクターは、誰もかれも飲み物の名前を元に付けられています。

例えば
「保登心愛」(ほと ここあ)は「ホットココア」
「香風智乃」(かふう ちの)はカプチーノ
「天々座理世」(てでざ りぜ)は「テデザリゼ」
という具合です。


  正直、無理やり感が半端なくないですか? 
決して喧嘩を売っている訳ではないのですが、特に天々座理世先輩。名前はリゼで可愛いですけど、テデザって……苗字しっかりしてくれ〜って僕は思っちゃいます。
 
  シャロちゃんはキリマンジャロを元に名前を付けられているわけなのですが、僕が安心したのは

「桐満 紗路」(きりまん しゃろ)
ではなくて
「桐間 紗路」(きりましゃろ)だった!
っていうところです。よく「ん」を取ってくれた!って感動しました。
  他の面子のネーミングには、個人的にあまり心打たれる物はないのですが、シャロちゃんは完璧に仕上がってます。


  あと僕は「紗」っていう漢字が大好きなんですね。
「桐間 邪路」とかにしないでくれてありがとうKoi先生!






  「紗」って、ほんと素敵だね



ロッテ 紗々 69g×10個

ロッテ 紗々 69g×10個





【妖艶緑茶云々師匠】(ようえんりょくちゃうんぬんししょう)
命名:かなしみホッチキス
f:id:sasatanwwwww:20160108214835j:image

  僕の大好きな、かなしみホッチキス氏作成のフリーゲームタオルケットシリーズより妖艶緑茶云々師匠です。師匠は敬称だと言う気もしますが、師匠込みの方がかっこいいので師匠も付けました。
  どこまで苗字でどこから名前なの?とかいうしょうもない質問はしないで下さい。それはピカチュウの苗字を尋ねるのと同じことです。

  既存の単語の組み合わせでできた名前ではありますが、「妖艶」「緑茶」「云々」という脈絡のない単語を組み合わせる発想は並大抵ではありません。一番凄いのが「云々」ですね。初めて見た時は、云々を名前に組み込んできたか〜と不意をつかれて滅茶苦茶感銘を受けてしまいました。
  僕だったら「妖艶緑茶」まではなんとかたどり着けても、その次には「電車賃」とか置いてしまいそうですね。

「妖艶緑茶電車賃」
  電車賃が妖艶と緑茶を粉々にしてますね。

  しかし、ただ奇抜なだけでなく、それでいて声に出したくなる音として完成されているのが高評価です。1回、「妖艶緑茶云々」って声に出してみてください。なんかいいですよね?  でも、絶対にTwitterとかのハンドルネームにしないで下さいね?

  タオルケットシリーズのキャラクターは、今まで挙げてきたどの作品にも属さない唯一無二のネーミングがされています。
  妖艶緑茶云々師匠以外に例を挙げると
「血反吐結び」「もーちゃす」「猫足乙女」「ぱりぱりうめ」「わらわぅ」「いっぱいくつした」、等々素敵な文字列が並びます。
  かなしみホッチキス氏曰く、自分の作品のキャラクターの名前を、他の作品のキャラクターと被せたくない、らしく、それ故の独創的なネーミングの結果がこれらという訳です。

  タオルケットシリーズはフリーゲームですし、1日もあれば1作品終えられるくらいのボリュームです。気になった方は是非プレイして僕に感想を聞かせてください。

  伊藤園 プレミアムティーバッグ 抹茶入り緑茶 50袋

伊藤園 プレミアムティーバッグ 抹茶入り緑茶 50袋







________________________________

  たくさんの素敵な言葉に触れてどうでしたか?心は洗われましたか?
  「ていうか挙がった名前、全部厨二的だったね」って言うのは止めてください。全部まともなので。




あっそうだ(唐突)
  言葉と言えば、Twitterの文字制限が1万字に緩和されるという発表がありましたね。これからは1万字未満のブログ記事を書いたらTwitterでやれ」とか言われちゃうんでしょうか。怖いですね。
  そうなる前に、今回は140字以上1万字未満の記事を書いてやりました。
  
  まあTwitterの文字制限が1万字になったところで、おいしそうなケーキの記事内容は何も変わらないのですが。
  というわけで2016年も頑張るので、女子高生ブロガー紗々ちゃんのこと、今年もよろしくお願いします。