読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいそうなケーキ

紗々(@sasatanwwwww)っていう女子高生のブログだよ

【黒咲練導作品】かわいい女の子ランキング

 

    黒咲練導先生という漫画家がいます。

    ほとんど表舞台に立たない方なのですが、知っているオタクは知っていて、大好きな人間は本当に大好きな、狭き門を潜るもの達の愛すべき偉大な漫画家なのです。
 
   黒咲練導先生の代表作と言えば、なんと言っても放課後プレイシリーズでしょう。2009年に1冊目が出て、未だに続編が出ている名作です。
    一時期はインターネッツでえらく話題になり、こんなマウスパッド
 
を製作する同人屋の方もいらっしゃったのですが、今ではなりを潜めて、狭き門の中で暮らすメンヘラとオタクとサブカル戦士たちの読み物になってしまいました。
    そういう点ではあの懐かしいインターネット消費物新米婦警キルコさんと少し似ています。
f:id:sasatanwwwww:20151221160521j:image
    ちなみに僕は新米婦警キルコさんの連載が始まると同時にジャンプを買い始め、新米婦警キルコさんの連載が終わるのと一緒にジャンプを買うのを止めた、ジャンプ新米婦警キルコさん世代の人間です。そんな世代の人間が他にいるのか知らないですが。
 
 
   何故か話が逸れてしまいました。
   さて、黒咲練導先生の特徴はなんと言ってもこの類まれなる絵でしょう。
 f:id:sasatanwwwww:20151226012240j:image
(pixivより本人の絵を引用)
 
    唯一無二の尖ったタッチは、受付けない人間は本当に受付けませんが、狭き門を潜った一部の人間にとっては、心の底から愛すべき芸術たりえます。
 
   独特のキャラクターたちは官能的かつ表情豊かで魅力に溢れていますね。
 
 
   唯一無二とは言いましたが、他に黒咲練導先生に似た絵の漫画家はいるのかと言えば、同じく楽園コミックで連載している、中村明日美子先生が似ているっちゃ似ているかも知れません。
f:id:sasatanwwwww:20151222174935j:image
    正直、おそ松さんに出てくる六子ほどではないですが、キャベツとレタスくらいには雰囲気が同じだと思います。
 
 
 
    黒咲練導作品のもう一つの特徴として、歪んだカップリングが織り成す、病的なイチャラブが挙げられます。
 
    どこか病んだ人間たちが、病的に愛し合って、同じベッドで寝たり寝なかったりします。     
 しかもカップリングに性別は問いません。もちろん基本的には男女ですが、黒咲練導先生は百合もホモも手がけます。性別という概念から離脱した悟りの境地にいらっしゃるのかもしれまん。
 f:id:sasatanwwwww:20151226013621j:image
(参考画像)
 
   あと、同じベッドで寝たり寝なかったりと書きましたが、ぶっちゃけほとんどの作品で同じベッドで寝ます。しかも、それがいちいちフェチズム溢れる扇情的描写で濃密に描かれ、R18ではないのですが、それに近いものがあるので読む人は注意してください。
 
  あと同じベッドで寝るって、お昼寝のことじゃないですよ?セックスのことです。せっかく濁して言ったのに直球で言い直しました。台無しですね。
 
    はてなブログはそう言ったエログロ記事には厳しいと聞いたことがあるので、はてなブログを始めて2つ目の記事で凍結、などということにはならないよう細心の注意を払いたいと思います。
 
  
    今回の記事を書くきっかけになったのは、2015年12月25日、つまり今年のクリスマスに発売された作品集、『彼女の囀る声』の発売にあります。
 

 

 

 

 

 早速リンク貼ってごめん、だね
 
 
  僕はまだ買ってませんし、内容が内容なのでクリスマスに1人で読むことは避けたい漫画なのですが、この作品の発売をきっかけとして、久々に黒咲練導作品を読み直した僕は、その魅力を再度確認し、改めて感銘を受けました。
   この胸の内に高なる魅力を伝えたい!
 
 
  というのは建前で、新しく発売する漫画に乗じて記事を書けば、新規読者を獲得できるのでは?という浅い目論見で今回の記事は書かれました。浅ましい人間で申し訳ないです。
 
 
  記事のきっかけはどうであれ、僕が黒咲練導先生を大好きなのは本当です。なので兎にも角にも、今回は黒咲練導作品に登場する可愛い女の子をランキング形式でまとめました。
 
 
  あくまで個人的な嗜好であって、アンケートをとったりしたわけではないのでご了承ください。
    
   また、 僕のような人間が記事にまとめてしまうと、作品の持つ神秘性とか、病んだ雰囲気とかが台無しになってしまう感もあるのですが、僕は好きなものをランキングにするのが大好きな人間なのでご了承ください。
 
   そして黒咲練導先生のコミック作品は「彼女の囀る声」を除いて全部所持している僕なのですが、単行本未収録のいくつかの短編は網羅できていません。
    それなので、ランキングの対象となるのはあくまで僕の持っている単行本に出てきた女の子のみであることもご了承ください。
    ご了承ばっかりお願いして申し訳がないです。
 
    それではランキング5位から始めます。
 
 
________________________________
 
 
【5位】黒髪黒タイツ彼女ちゃん
f:id:sasatanwwwww:20151226005155j:image
 
   黒咲練導作品の登場人物は名前を持ちません。名前を持たないと書くと何だかかっこいい感じに聞こえますが、ブログに書き起こすに当たっては厄介すぎます。
 
  それなので、今回はすべてのキャラクターに勝手ながらあだ名をつけさせて頂きました。
  差し当たって「黒髪黒タイツ彼女ちゃん」及び、今回の記事に登場するキャラクターの名称は、本名でない上に、インターネットでは通用しない僕の考えたあだ名なので注意してください。
 
  さて、この黒髪黒タイツ彼女ちゃんを抜かして黒咲練導作品を語ることはできません。
  黒咲練導作品の中で1番顔の知れた女の子ですし、代表作である放課後プレイのメインキャラクターでもあります。
 
  ただ、そんな黒髪黒タイツ彼女ちゃんを5位にしたのは、決して、有名どころのキャラを低順位にして黒咲練導通を演出したいがタメではないです。
  僕は自分の中の可愛いには嘘をついたことがないので、黒髪黒タイツ彼女ちゃんは僕の中では5位の可愛さだったと、それだけのことなのです。
  
  黒髪黒タイツ彼女ちゃんはあだ名の通り、黒髪で黒タイツです。コアなゲーマーでもあります。黒髪ロングの女の子がゲーマーってこれ世が世ならオタサーの姫待ったナシです。
 
f:id:sasatanwwwww:20151226005216j:image
  ギルティギアシリーズって敷居高いよね。 
 
 
  ですが、彼女はオタサーの姫としての道は歩みません。残念なことに(僕は残念ではないですが)彼氏(以下、6頭身彼氏くん)がいます。
  だから黒髪黒タイツ"彼女"ちゃんなんですね。
 
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151226011228j:image
  6頭身彼氏くん。
  黒髪黒タイツ彼女ちゃんに比べてはるかに背が低く、こっちはこっちで可愛いです。
  ちなみにこいつも重度のゲームオタクなので、黒髪黒タイツ彼女ちゃんとの相性は抜群です。
 
 
  放課後プレイシリーズは、基本的にメインとなる男女がゲームについて語っているイチャイチャしているかという二者択一な作品です。
  ゲームについて詳しい人間は楽しめること請け合いですし、僕のようなゲームにわかでもカップリング目当てで楽しめます。
  ひょっとしたら背の低い男性ゲーマーオタクは、6頭身彼氏くんに自己投影しながら読むというParanoiac-Critic(変質狂的卑犯的)な楽しみ方もできるかもしれませんね。
 
  さて、そんな放課後プレイという作品で黒髪黒タイツ彼女ちゃんはどんなに可愛らしくイチャイチャしているのかな?という観点から彼女(僕が彼氏ヅラをしているわけではなくて、sheの意味での彼女です)の内面的な魅力を伝えていきます。ネットで語られる際はビジュアル面だけに留まることが多いので、それ故の判断です。
 
  
  放課後プレイは黒髪黒タイツ彼女ちゃんと6頭身彼氏くんというカップルが、初夜を迎えるまでの物語です。まだ1話の段階ではキスもしていません。良かったね。(誰に対してというわけでもなく)
 
  正確に言うと1話でギャルゲーをやっていたらキスシーンが出てきて、それに触発されてキスしようとするのですが、恥ずかしくなってやっぱり止める〜ってなります。
 
  彼女と一緒にAVを見ていたら触発されて行為が始まる、みたいな展開と似てますが、オタクの現実なんてこんなもんですよ。やろうとするけどできないものです。初々しくて可愛いですね。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225214932j:image
  このワンシーンからもわかる通り、黒髪黒タイツ彼女ちゃんは純情で恥ずかしがり屋です。
 
  この後もキスしようとするのですが、なかなかキスできません。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225214957j:image
  繰り返される失敗。
 
結局キスができるのは全15話の10話目にしてやっとです。やりましたね。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225215035j:image
  不意打ち気味に6頭身彼氏くんからですが、大きな進歩です。
  このずるいぞもう一回!という黒髪黒タイツ彼女ちゃんがまた可愛いです。
 
  しかし、黒髪黒タイツ彼女ちゃんが純情だとは書きましたが、決して、そういうことに興味がないわけじゃありません。健全な女の子として興味はあります。ていうかむしろ変態です。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225215110j:image
  足をティッシュで拭かれてこの表情。
(ちなみに画像は黒タイツに牛乳こぼしちゃったから拭かないとね♡っていうシーンです)(いかがわしくないです)
 
f:id:sasatanwwwww:20151225215125j:image
  そして頭を撫でられてこの表情。
  女の子は頭撫でられるのに弱いみたいなTwitterソースの情報ありますが、ここまで効くことはあまりないと思います。
 
f:id:sasatanwwwww:20151226005819j:image
  なでられた後のこの台詞はなかなか良いですね。
  ちなみに、下のなでてねっ!ムキー!黒咲練導先生のコメントです。
  放課後プレイシリーズは1話終わる事にこんな感じの先生のコメントが入るのですが、自分で書いといてムキー!じゃないが、って感じでウケます。
 
  そんなこんなで純情ながら変態の黒髪黒タイツ彼女ちゃんは無事初夜を迎え、後続の放課後プレイシリーズで、たちまち周囲を黒焦げにする程のアツアツっぷりを披露してくれることになるのですが、それはまたの機会に。
 
  最後に、初夜を迎えた後のエンディングで手をつないで歩く黒髪黒タイツ彼女ちゃんと6頭身彼氏くんの絵が最高なので上げておきます。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225215254j:image
 
ゲーマーの夜は長いとは言え、やはり短い。歩けよ乙女。
 

 

 

 

放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)

放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)

 

 

 

 

 
 
 
【2位】ソバカス眼鏡先輩
f:id:sasatanwwwww:20151226012214j:image
 
  ってなんで2位のソバカス眼鏡先輩がここに!?という感じですが、決してブログの制作ミスではありません。これはキャラクターの説明上、致し方ないことなのです。
 
  ランキングという形式をとっておきながら、順位の通りに女の子を紹介できないことをご了承ください。これが最後のご了承です。
 
 
   さて、放課後プレイ2からランクインしたソバカス眼鏡ちゃん。2だけに2位とかそういう冗談ではありません。
 
   眼鏡とソバカスの具合が、アメリカンハイスクールで言うところのギーグ気味で、正にオタクの女の子という感じです。
  ひょっとすると黒髪黒タイツ彼女ちゃんに比べるとビジュアル的魅力に欠けるかもしれません。僕は好きですが。
 
 
   しかし、そうは言っても2位です。5位の黒髪黒タイツ彼女ちゃんとは3つも順位が異なります。
  ソバカス眼鏡先輩のcuteな魅力は、放課後プレイ2を読むことによって誰もが簡単に理解することができるのですが、放課後プレイ2を読んでからこの記事を読めというのも酷い話ですので、僕が頑張って伝えます。
 
 ソバカス眼鏡先輩は、とある高校の漫画研究部の部長。漫画家を目指して日々、執筆活動に勤しんでいます。
 この漫画研究部、部員は20人ほどいるはずなのですが、幽霊部員ばかりで実質2人しかいません。
  ソバカス眼鏡先輩と後輩(以下、外道ギザ歯後輩)がひっそりと活動しているというお化け屋敷のような部活動なのです。
 
  その先輩と後輩の漫画研究部員が織り成すプラトニックなラブストーリーが放課後プレイ2という作品なのですが、詳しくは割愛してソバカス眼鏡先輩の魅力に迫ります。 
 
 
ソバカス眼鏡先輩の可愛いところ①
自身のビジュアルにコンプレックスを抱いているところ
 
   ソバカス眼鏡先輩は、見ての通りソバカス顔です。
  個人的にはそれが良いんよ〜〜と思うのですが、本人からしてみればそれはコンプレックスに他ならないのです。短所と個性は紙一重とは言ったものですね。誰も言ってない僕の考えた言葉ですが。
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151225215517j:image
  画像は、外道ギザ歯後輩がソバカス眼鏡先輩に露出の高いコスプレをさせようとするのですが、ソバカス眼鏡先輩がそれをガチ断りするシーンです。 
  「肌を出すのだけはゆるして‥‥」という台詞がたまらないですね。
 
 f:id:sasatanwwwww:20151225215532j:image
そして断ってからのこの表情。
 
  期待に添えられなくてごめんね‥‥とかそういうことを考えているのだと思いますが、この怯えたような申し訳ないような表情がなんともgoodです。
 
  今の僕、わりと気持ち悪いことばっかり言ってる気がするので気持ち悪くなって吐いてきました。が、これもソバカス眼鏡先輩の魅力を伝えるためなので辛抱です。
 
 
ソバカス眼鏡先輩の可愛いところ②
漫画を書いてる時の表情
 
 ソバカス眼鏡先輩はだいたい外道ギザ歯後輩によって漫画を書くことを邪魔されているのですが、たまにマジになって漫画を書くことがあります。
その時の表情がこちら。
 
 f:id:sasatanwwwww:20151225215804j:image
 本気です。
 何事であっても、一生懸命になって人が取り組んでいる姿というのは魅力的に映るものです。
 
 
  そういえば先程からちょいちょい話に上がる外道ギザ歯後輩はこんなです。
f:id:sasatanwwwww:20151226011147j:image
名前の通りギザ歯ですし、ぐるたみん程度には外道です。(割れ的な意味で) 
 
 
ソバカス眼鏡先輩の可愛いところ③
気持ちを素直に出せないところ
 
  ぶっちゃけて言ってしまうと、ソバカス眼鏡先輩は外道でギザ歯な外道ギザ歯後輩のことが好きなんですね。
  それなのにその好意をうまく伝えることができず、1人苦しんでしまうことが多々あります。
 
  この魅力を分かりやすく伝えるために、放課後プレイ2の7話よりシーンを引用します。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225234618j:image
 画像は、本気モードで漫画を書いているソバカス眼鏡先輩が、話しかけてくる外道ギザ歯後輩のことを邪険にするシーンです。
  先輩は今日中に仕上げたい原稿があるそうで、話しかけてくる外道ギザ歯後輩を突っぱねます。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225234509j:image
  あんまり邪険にされるので、それじゃあ黙っていようと、外道ギザ歯後輩は原稿を描くソバカス眼鏡先輩を見つめます。
  見つめられてぎこちなくなるソバカス眼鏡先輩がかわいいですね。
  絵を書いてるところ人に見られるなんて、コミケでスケブ書いてる同人作家だってちょっとやめて欲しいってなるんじゃないんですか?
  
  が、そんなぎこちない一時(外道ギザ歯後輩にとってはこれはこれで悪くない時間でしょうが)は唐突に終わりを迎えます。
  漫画研究部を外道ギザ歯後輩の女友達が訪れるのです。女友達は外道ギザ歯後輩のことを一緒にカラオケに行こうと誘います。
 
  最初は乗り気じゃなかった外道ギザ歯後輩ですが、原稿をするソバカス眼鏡先輩に気を使って、一緒にカラオケに行くことにします。
 
 
  それじゃあ邪魔者もいなくなったし原稿が捗るね!やったねソバカス眼鏡先輩!となるかと言えばそうはなりません。
 
f:id:sasatanwwwww:20151226011922j:image
  廊下から漏れて聞こえる、外道ギザ歯後輩にメアドを尋ねる女の声。 
 
f:id:sasatanwwwww:20151226010043j:image
  この表情はソバカス眼鏡先輩、進捗駄目です。
    外道ギザ歯後輩を邪険にしておきながらも、やっぱり自分の見てないところで他の女の子とアレコレされたらと考えては、いてもたってもいられません。後悔してそうな進捗駄目表情が、率直にかわいい。
 
 
  さて場面は変わって次の日へと移ります。昨日のうちに仕上げると言っていた先輩の原稿はやっぱり終わっていません。
 
  昨日の原稿を続ける先輩。
  話題は昨日のカラオケになります。
  どうやら外道ギザ歯後輩はみんなの前でアイマスの曲を歌ったようなのですが、誰も分かってくれなかったらしいです。なんでこんなやつに女の子の友達いるんですかね?
 
      
f:id:sasatanwwwww:20151225235629j:image
  話の流れから外道ギザ歯後輩は先輩をカラオケに誘います。が、それを断るソバカス眼鏡先輩。素直になれません。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225235524j:image
「何それ意味わかんないわよ…」
 「意味……わかんないっスか…」
  
 
f:id:sasatanwwwww:20151225235537j:image
  そして気まずい雰囲気の中、一人帰るソバカス眼鏡先輩と、部室に残る外道ギザ歯後輩。それと黒咲練導先生のコメント。
  作者目線でコメントしてくれって言いたくなりますが、ウケます。
 
  以上のように、自分の感情を伝えられず、憤る気持ちを抱えてしまうのがソバカス眼鏡先輩の一つの魅力です。ご理解頂けたでしょうか。
 
 
  放課後プレイ2を読むと分かるのですが、ソバカス眼鏡先輩って劣等感だとか、不安感だとか、ネガティブな感情が多く見られる女の子なんですね。それが可愛い。
 
今日のTwitterの会話
あの嬉しそうな女の子!可愛い! とか 美味しそうにもの食べる女の子可愛いよね! とか
ま、それが普通ですわな
 
かたや俺は放課後プレイ2でネガティブに浸るソバカス眼鏡先輩を見て、呟くんすわ
it’a cute.狂ってる?それ、誉め言葉ね。
 
なんつってる間に3時っすよ(笑) あ~あ、はてなブログの辛いとこね、これ
 
  という冗談は置いても、ネガ可愛い、それがソバカス眼鏡先輩の可愛さの核だと僕は信じています。
 
 
  まあ最終的に外道ギザ歯後輩と結ばれて幸せになるのですが、その後の幸せそうな彼女の姿もまた一層と可愛いです。
  ネガとの対比効果だと思います。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225220023j:image
  画像は放課後プレイMmaniaXより、髪を切って外道ギザ歯後輩に褒め殺されるシーンです。幸せそうですね?
 
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151223140025j:image
  ディーふらぐのこれ思い浮かべました。
 
 
   放課後プレイ2は、放課後プレイシリーズの中では1番プラトニックな作品として異彩を放っています。物語的に見て、1番面白いのはこの放課後プレイ2でしょうね。僕は1番好きです。
  フェチズム描写が少ないので、黒咲練導先生らしくない!という意見も見られるのですが、ある意味では初心者の入門に適しているのかも知れません。
 
  放課後プレイシリーズの1、2、3は、メインとなるキャラが全て異なっており、話が繋がっていないので、どれから読んでも大丈夫です。FFシリーズのメインキャラは毎回変わるのでどれからプレイしても問題ないのと同じですね。 ゲームについて語ることが多い作品なので、ゲームで例えてみました。
 
   ですので黒咲練導作品を読んでみたい!という方には放課後プレイ2をとりあえず推します。
   という風な宣伝で2位は締めくくらせて頂きます。
 
 
 
 
 
【4位】ギザ歯ツインテちゃん
f:id:sasatanwwwww:20151226024641j:image
 
  さて、わざわざ2位を経由してこの女の子を紹介した意味が分かるでしょうか。
  彼女のあだ名とキャラデザに注目してください。
 

 そう、ギザ歯です。

 なんと、ギザ歯ツインテちゃんは、外道ギザ歯後輩の妹…ではなくて、外道ギザ歯後輩とソバカス眼鏡先輩の子供なのです。

  なんか「4位ギザ歯ツインテちゃん」から「注目してください」にかけて、変な四角い線で囲まれてると思うのですが、全然解決出来なかったのでそのまま載せてます。

 

  黒咲練導作品で具体的にカップル同士の子供が登場することは本来ありません。ギザ歯ツインテちゃんが例外です。

 

 

f:id:sasatanwwwww:20151224004956j:image

  いや、1人妊娠してる子はいましたね。子供の顔は見えませんのでノーカンですが。

 

  先ほど放課後プレイ2を説明するにあたって、プラトニックという言葉を使ったと思います。僕はそこに「kissまでで終わる」という意味を込めて使っていました。

  それは本当のことで、放課後プレイ2は、黒咲練導作品の中で、ほとんど唯一Kiss以上の行為が出てこない作品です。(例外的な短編はありますが)恐らく親に見せるなら放課後プレイ2がベストでしょう。見せなくていいですか。
 
  じゃあキスで終わるのになんで子供が登場してるのって、それは出てきたもんは出てきたんだから仕方なくない?
 
  ちゃんと説明すると、たしかに作中で描写されてるのはKissまでです。
  ですが、エピローグでギザ歯ツインテちゃんがいきなり登場して、ソバカス眼鏡先輩と外道ギザ歯後輩の子供であることを匂わす発言を始めるのです。
 
  ですので、作中で描写されているのは本当にKissまでなのですが、その後ろで隠れて結婚とか子作りとかしてたみたいです。
  しかし、Kissで終わらせておきながら、あえて子供を登場させるところがまた、放課後プレイ2を真に健全でプラトニックな作品足らしめていると思うのですが、どうでしょう?
 
 
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151226133617j:image
 
  これは意味もなく挟んだギザ歯ツインテちゃんの画像です。せっかくスキャンしたのに勿体ないので。
 
 
 
  閑話休題でギザ歯ツインテちゃんを見ていきましょう。
  まず、ギザ歯ツインテちゃんの登場する話は極めて少ないです。貴重です。
  僕の確認する限り、放課後プレイ2のエピローグと、放課後プレイManiaXから1話、合計2話分しか登場しません。
   2話とも、ギザ歯ツインテちゃんはSkype的な通話ツールを用いて、お友達と通話しながらオンラインゲームをしています。どうやら両親の血を正統に受け継ぐサブカルガールのようです。
  でも本当に両親の血を受け継いでいるなら、ソバカスか眼鏡が欲しかったところです。別に可愛いからいいですが。
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151224011941j:image
  そして服装から見るに、ギザ歯ツインテちゃんは女子高生だと思うんですが、これビール飲んでますよね。女子高生がオンラインゲームやりながらビール飲んでますね。
  前回の記事に出てきたのぶ姉もそうですが、女子高生が法律破ってる姿って魅力的ですね。(犯罪をそそのかしているわけではないです)
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151224012024j:image
  それでビール飲んでたらなんやんかんやありまして、画像は、今度オフ会することになって、冷静を装おりつつも緊張しているシーンです。
 
  オンラインゲームジャンキーはリアルに繰り出すと、基本的に別人のように萎縮します。
    まれに萎縮せずオンラインの乗りでリアルで騒ぎ出すタイプもいますが、それはそれで厄介極まりないので、前者の方が可愛げがあります。 ギザ歯ツインテちゃんは緊張から察するに、どうやら前者のようで安心しました。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224012101j:image
  動揺しながらど……どーしよ、とツインテールを解く後ろ姿、可愛いですね。
  右下の「おわり」の文字の通り、オフ会の様子は描かれません。僕はこの「メインに至る前を描写するが、あえてメインを描写しない」という姿勢にGJ部を感じました。余談です。
 
 
  あと、このギザ歯ツインテちゃんがSkype越しにお友達とやらしいことするシーンもあるのですが、割愛させて頂きますね。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225220720j:image
  一応、部屋でやらしいことしてたら親フラった瞬間は載せておきます。かわいい。
 
 
  ギザ歯ツインテちゃんのやらしいことが見たい人は放課後プレイManiaXを購入してください。
  立ち読みはここまで!って言って良いところで終わる、電子書籍ダウンロード販売サイトみたいになっちゃいましたね。
 
【3位】ソープ子ちゃん
f:id:sasatanwwwww:20151226010124j:image
 
超熱帯夜orgyから3位にランクイン。ソープ子ちゃん。
  ヒラコー作品のギャグ顔と似てますが、作者は黒咲練導先生です。
 
 この 超熱帯夜orgyという漫画は、詳しく説明を始めるともう一つ面白い記事が書けてしまうくらい素晴らしい作品なので、詳しいことを言及するのはあえて避けますが、一言で表すとかなり倒錯したグルメ漫画って感じです。必見です。
 

  さて、ソープ子ちゃんなのですが、実は僕の考えたあだ名ではありません。作者直々の命名です。黒咲練導作品のキャラクターは名前がないと言いましたが、この子は例外です。

 
f:id:sasatanwwwww:20151226010301j:image
  まあ正確に言うと作者自身が名前不明って書いてるんで、作者の考えたあだ名って感じですが。作者が名前知らないんじゃ誰も知らないですね。
 
  このソープ子ちゃんですが、変にグルメなところがありまして、食に対して逐一拘りを見せます。
 
  例えばポテチを砕いて食べる奴を許さない。
f:id:sasatanwwwww:20151226010401j:image
 
  まあこれはまだ分かります。僕も砕かないで食べるので。砕いて食べる派がいても僕は許容できますが。
  
 
  納豆をご飯にかけずに単品で食べる。
f:id:sasatanwwwww:20151226010516j:image
 
  この辺りからちょっと「ん?」ってなります。僕は納豆を買わない人間なので、納豆に親しみはないのですが、イメージとしてはご飯にかけるのが妥当だという気はしますね。
 
 
  そうやって徐々に、アブノーマルな食への姿勢を見せ始めるソープ子ちゃん。
  極めつけがこれ
 
f:id:sasatanwwwww:20151226010609j:image
  アイスの棒を噛み続けて木の汁を吸う。
 
  この記事の読者にソープ子ちゃんと同じ趣向を持つ方がいたら申し訳ないのですが、控えめに言ってもヤバイですね。
  本当に木の汁が大好きでしゃぶっているカブトムシなのかもしれませんが、僕には貧乏性をこじらせてシャロちゃんの領域に達しているようにしか見えません。
 
f:id:sasatanwwwww:20151225223053j:image
(参考画像、シャロちゃん)
 
  ソープ子ちゃんには、このようにクレイジーグルメ主義な一面がありますが、そういうところも含めて可愛いです。いや、本当にクレイジーなのは紗々くんの女の子の嗜好だよねとか、そういう上手いこと言った風なのは止めてください。
 
  さて、ソープ子ちゃんの魅力はグルメで終わりません。僕が個人的に最も評価しているポイントは鎖骨です。
 
  日頃からTwitterで言っているのですが、僕は鎖骨にお酒を注いで飲みたいタイプの鎖骨大好き人間です。なので、鎖骨が素晴らしい女の子を見ると、自動的に評価が高まります。
 

  まあお酒じゃなくても液体ならなんでもいいんですが。

 

f:id:sasatanwwwww:20151226010917j:image

  ほら見事な鎖骨だ。

  基本的に黒咲練導先生の描く女の子ってみんな鎖骨が最高なんですが、ソープ子ちゃんはその中でも頭一つ抜けてます。

  恐らく、ショートヘアとスレンダーな体型が相まって、骨ばった鎖骨が主張しやすいんですね。 やっぱりスレンダーなキャラクターの強みは鎖骨です。

  ただ、一つだけ僕が残念なのは、あんなに倒錯したグルメ漫画、超熱帯夜orgyで、なんで鎖骨にビール注いで飲まなかったの?っていうことです。
 
  作中に女体盛りの話は出てくるんですよ。ひょっとしてこの流れは?と思って密かに期待したのですが、鎖骨には何も注がれませんでした。流し素麺をソープ子ちゃんの身体でやるっていう狂った描写もあるんですよ。ですが、やっぱり鎖骨には何も注がれませんでした。竹のように凹凸の少ない半身を素麺が滑り落ちただけでした。可笑しいね。
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151226011026j:image
  ちょっと惜しいシーンはあったので貼っておきます。いかがわしい感じですがR18ではないので安心です。
 
 
  ソープ子ちゃんについては以上に留めておきます。本当はもっと紹介したいところもあるのですがあえて。
 
  最後に、作中で一番可愛かった意味深な画像を貼って3位は終わりにします。
 
f:id:sasatanwwwww:20151226011056j:image
 
 

 

 

 

超熱帯夜orgy (メガストアコミックス)

超熱帯夜orgy (メガストアコミックス)

 

 

 

 

 
 
【1位】マグロ眼鏡ちゃん
f:id:sasatanwwwww:20151224010954j:image
 
   黒咲練導作品のかわいい女の子ランキング、堂々の1位を飾るのは、黒咲練導作品集c-より「kissing number problem」に登場するマグロ眼鏡ちゃんです。
  
 
f:id:sasatanwwwww:20151224005230j:image
  マグロ眼鏡ちゃんは書店で働く表情の乏しい女の子。今日も元気に無表情で働いていると、突然、仕事先の男の人(以下、下心くん)に告白されます
 
「ずっと好きだったんだ‥‥だめかな」  
  下心くんの突然の告白に、マグロ眼鏡ちゃんはある条件を出してそれを承諾します。
「絶対『H』しないって約束なら」
  そんな条件を出されて、健全な男子たる下心くんは、戸惑いはするものの、歪んだ恋愛関係を受け入れます。
 
  ちなみに一番上の画像が、自分の出した条件を「いいよそれで」とのんだ下心くんを見るマグロ眼鏡ちゃんです。
  無表情ですよね。彼女は全盛期の綾波レイ並に表情がありません。
 
  さて、下心くんはかわいいマグロ眼鏡ちゃん
を前に我慢することができるのでしょうか。
 
 
  これが下心くんです。
 f:id:sasatanwwwww:20151224005304j:image
  なんだか可愛いですよね。デュラララの帝くんに似てるかもしれません。僕は好きです。
 
 
  次の日の昼休み、下心くんは「一緒にお昼食べましょう」とマグロ眼鏡ちゃんから誘われます。
 なんと、彼氏の下心くんのためにお弁当を作ってきてくれたマグロ眼鏡ちゃん。下心くんはお昼休みにいつも外食していたので、それならばと作ってくれたんですね。
  料理ができるマグロ眼鏡ちゃん、可愛いです。
 
  お弁当を受け取り素直に喜ぶ下心くんを眺めるマグロ眼鏡ちゃんの表情がこちら。
 
 f:id:sasatanwwwww:20151224005358j:image
 怖いです。
  嫌悪しているようにも見下しているようにも見えます。しかし、如何せん彼女の表情はバリエーションが少ないので、何を考えているか分かりません。
 
 
 お昼を食べ終わったところで下心くんはある質問をします。
「『キス』はいいの?」
 その質問にマグロ眼鏡ちゃんは一コマ挟んで「はい」OKのサインを出します。
そして2人の初めてのキスシーンがこちら。
 f:id:sasatanwwwww:20151224005711j:image
f:id:sasatanwwwww:20151224005756j:image
 
下心くんとマグロ眼鏡ちゃんの表情の対比が最高です。
 
 
  黒咲練導先生の特徴として、キスシーンの官能的な表情があるのですが、彼女にはそれが見受けられません。そういう意味で、マグロ眼鏡ちゃんは黒咲練導作品において例外的なキャラクターとも言えるかもしれません。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224005830j:image
  ほら、基本的にキスするだけでえっちだ。
 
 
 
 さて、そこからキスした勢いで押し倒そうとする下心くんですが、「お昼休み終わりますよ」とそれをかわすマグロ眼鏡ちゃん。この日はこれで終わります。
 しかし、「Hしないなら付き合います」って言われた次の日にマグロ眼鏡ちゃんを押し倒そうとする下心くんの倫理観、半端ないですね。
 
  そんな波乱があった次の日。とにかく下心くんが一方的にイチャイチャしまくってます。
  やることいっぱいあるんですからとそれをあしらうマグロ眼鏡ちゃん。  
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010005j:image
  とにかく一方的な愛の洪水に、マグロ眼鏡ちゃんはうんざりしてそうにも見えますが、やっぱり彼女の乏しい表情からは感情が伺えません。意外と満更でもないのかもしれません。
 
  そんな一方的なイチャラブが続いたとある日の仕事終わり。
「今日の夜、ご飯一緒に食べに行かない?」
 ついに下心くんの下心がついに炸裂します。
 いつもお昼を作ってくれるお礼だと表面上は述べていますが、明らかにそういうことです。
 
 が、マグロ眼鏡ちゃん、その誘いに乗っかります。
 
 そして始まる楽しい食事会。「おいしいですね」とマグロ眼鏡ちゃんもご満悦の様子。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010051j:image
 当然の如く無表情です。本心が伺えません。
 
 
  楽しい時間はすぐに過ぎ去ってしまうので、食事会の時間は1pで終わり、次ページの1コマ目は「ごちそうさまでした」で始まります。
 
  さて、食事会自体は建前ですから本題はここからです。それは下心くんにとっては勿論そうですが、マグロ眼鏡ちゃんにとってもそうでした。
 
「嫌じゃ‥‥ないんですか?キスまでで」
  マグロ眼鏡ちゃんはこれを機会にと核心に迫る質問を繰り出します。
それに対する下心くんの返答。
f:id:sasatanwwwww:20151224010131j:image
「だって‥‥まぁ約束だし‥‥」
  なんだか歯切れが悪いですね。
  そこにマグロ眼鏡ちゃん、畳み掛けるように攻めいります。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010155j:image
 
  なしくずし的にできるかも‥‥というマグロ眼鏡ちゃんの推理が図星だった下心くんの表情。大好きです。
 
  明らかにちょっと期待してる下心くんに対して、マグロ眼鏡ちゃんはジョーカーを切ります。
 
 
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010245j:image
 「いいんですか?  私みたいなマグロ女でも」
 
 
 
  これこそがマグロ眼鏡ちゃんのマグロ眼鏡ちゃんたる所以です。
  それと同時に、彼女が下心くんに対して、あんな条件で告白を承諾した所以でもあります。
  マグロってなに?この女の子は魚なの?という人は、これは幸いにもはてなブログですから、マグロをクリックしてはてなキーワードに飛んでください。
 
  衝撃告白を受けた下心くんは動揺して呑んでいた飲み物を吹き出してしまいますが、持ち直して男らしさを見せます。
 
 f:id:sasatanwwwww:20151224010353j:image
 キミを好きなんだからそんなことはどうでもいいんだよ、と答える下心くんの凛々しい表情。そしていつもと変わらないマグロ眼鏡ちゃんの表情。
  しかし、その微動だにしない表情の裏側には、確実に、揺れ動く何かがあるはずです。 
 
 
  マグロだなんだと話が飛び出し、なんだか気まずい雰囲気で終わる食事会。2人で一緒に洋画を見ていたらベッドシーンが流れちゃった時よりも、向かい合って生々しい会話をしているわけですから、心中お察しします。
 
  じゃあ今日はもう解散だね〜駅まで送るよ〜と動き出した下心くん。ですが、それを引き止めるマグロ眼鏡ちゃん。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010430j:image
  そうとう勇気を振り絞ったのでしょう。手が震えています。 彼女の感情が明確に見て取れる、初めてのシーンです。
 
  さて、夜の男女。駅まで行かずにどこへ行くのかと言えば……?
 
  ここからはお待ちかね、5pにわたって例の如く、同じベッドでのあれです。
  はてなぶろぐに画像を載せることはしませんが、一応言及しておくと、行為中に眼鏡をとっているマグロ眼鏡ちゃんがまた可愛いです。
  あーはてなブログにいやらしい画像貼れなくて残念。
 
f:id:sasatanwwwww:20151224010524j:image
 エピローグ、ではないですが、行為後の最後の一コマ。
 隣で寝ている下心くんに、マグロ眼鏡ちゃんがそっとキスをしてこの短編は終了。いつも受身だったマグロ眼鏡ちゃんが能動的になる瞬間です。最高ですね。
  表情は変わらないのに確かに揺れ動く気持ち。この短編の醍醐味です。
 
  1人の女の子を紹介しているはずが、1つの短編をそのままなぞる形になってしまいました。
  ひょっとすると僕が本当に好きなのはマグロ眼鏡ちゃん本人ではなくて、この短編そのものなのかもしれません。自分の心ながら分かりませんが。
  要するに、機械みたいに無表情なマグロだけど、感情はたしかにあるんだから可愛いね。ということです。
 
    余談で締めますが、僕は二年前に京都を旅行で訪れた際に、清水のとあるカフェで、マグロ眼鏡ちゃんに滅茶苦茶よく似た店員さんを発見したことがあり、テンションが上がってしまいました。思わずTwitter「やばい!黒咲練導先生の短編集c-に収録されてる短編に出てくるメガネっ子に滅茶苦茶似た店員さんが京都にいる!」とツイートしてしまったのですが、フォロワーに黒咲練導先生を知っている人が誰もいなかったので特に反応はありませんでした。
  今回の記事で、僕のそういうツイートに反応してくれる人間が少しでも増えてくれたら嬉しいです。
  
 はてなブログには貼れない、マグロ眼鏡ちゃんのセックスが見れるのは黒咲練導作品集C-だけ!
 
C- 黒咲練導作品集 (楽園コミックス)
 

 

 

 

  いかがだったでしょうか。最初は4000字くらいの記事に留めようと思っていたのですが、気づいたら22000字超えてました。前回の記事の約3.5倍の量です。
 
  原因は、かわいい女の子のランキングなのに、漫画そのものを紹介していくスタイルにあるんですよね。
  そうやって原因について言及して、僕だってこの記事の欠点は分かってるんだからねっていう予防線を一応張っておきます。
 
  拙い記事ですが、黒咲練導先生の描くキャラクターたちの魅力が少しでも伝わったくれたら滅茶苦茶嬉しいです。
 
  でも、影響受けてTwitterの名前を「白咲練導」とかにするのは勘弁してくれな!